島根スサノオマジックが東地区上位の富山と対戦!73-87で敗れ、3連敗。

>> <<

島根スサノオマジックが東地区上位の富山と対戦!73-87で敗れ、3連敗。

RECAP

Bリーグ最強の漢

Bリーグ最強選手は一体誰か

この問いには十人十色の意見があると思うが、今シーズンこの問いに答えるなら、私は富山グラウジーズのジュリアン・マブンガ選手を挙げたい。

マブンガ選手はPFながら、パス能力が高く、3ポイントエリアを始めとした広いシュートエリアから得点が取れるオールラウンダーである。

今シーズン京都から富山に移籍したが、新天地でもその能力を遺憾なく発揮し、ここまでリーグ8位の平均19.5得点、リーグ1位の7.3アシスト、7.5リバウンドをマークしている。

本日の試合では絶好調とは言い難かったが、それでも15得点・8リバウンド・10アシストのダブルダブルを達成し、チームの勝利に貢献した。


リーグ屈指のオフェンス力を持つ富山

西地区4位の富山グラウジーズは、リーグトップクラスのオフェンス力が魅力のチームである。

速いテンポでオフェンスを遂行し、平均得点は現在リーグトップの平均89.1得点をマークしている。

その中心にいるのは、宇都直輝選手ジュリアン・マブンガ選手の2人である。

宇都選手は191cmの長身PGで、突破力に魅力のある選手である。マブンガ選手は言わずもがな、リーグ最強選手である。

その2人の周りにいる選手も、昨シーズンの新人王である前田悟選手岡田侑大選手、208cm138kgの巨体ジョシュア・スミス選手とタレント揃いだ。

島根は今節富山に連敗したが、単純に選手の物量で押し切られた形となった。


富山に73-87で敗れ、島根は3連敗

4月3日(日)、2連敗中の島根スサノオマジックはホームで富山グラウジーズと対戦した。

島根は大黒柱であるリード・トラビス選手を負傷で欠く中での試合となった。

25-35と非常にロースコアな展開で前半を折り返したこの試合。

インサイドを固めるために、島根が採用した2-3ゾーンプレスが非常に効果的でしたな。

後半で逆転を狙いたい島根だったが、逆にじりじりと差が開き、最終的に73-87で敗戦した

島根はこれで3連敗。大台の20勝を目前に足踏みが続いている状況だ。

島根は次戦、4月10日(土)アウェイで信州ブレイブウォリアーズと対戦する。


スタッツで比較する島根富山戦Game2

スタッツで島根富山戦Game2を比較する。

実はこの試合、Points in the Paint(ペイントエリア内での得点)も2nd Chance PointsもFast Break Points(速攻からの得点)も島根の方が富山を上回っている

それどころかシュート試投数(FGA)も島根の方が富山より10本以上多く打っている

では何故、富山の得点の方が島根より10得点以上上回っているのか

それは富山のシュート効率の高さが理由である。

この試合、富山はFG成功率54.1%、2P成功率63.2%、3P成功率39.1%と非常に高精度でシュートを決めている

逆に島根はニカ選手や白濱選手のミドルシュートや後藤選手の3ポイントシュートなどシュート効率の高くないシュートを富山に打たされていた。

富山はスカウティングと遂行力がしっかりしていましたな。


Today`s MVP:橋本晃佑選手

本日のMVPは富山グラウジーズの橋本晃佑選手

この試合、橋本選手は5本の3ポイントシュート成功を含む22得点・5リバウンドの大活躍

3ポイントシュートを打てるPFのことを「ストレッチ4」と表現するが、まさに橋本選手はこの言葉がふさわしい選手ですな。


Photo Garary

関連記事

アクアマジック使用楽曲まとめ【2020-21】

2021年3月23日

島根スサノオマジックB1、1試合最多得点記録【選手】

2021年3月3日

島根スサノオマジックの歴史

2021年1月27日

決算資料から読み解く、島根スサノオマジックの経営状況【2019-20】

2021年1月21日

>> <<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。