インディアナ・ペイサーズのTJ.リーフ選手が、ジャレン・レキュー選手とのトレードでサンダーへ移籍

インディアナ・ペイサーズのTJ.リーフ選手が、ジャレン・レキュー選手とのトレードでサンダーへ移籍

11月23日、ESPNはインディアナ・ペイサーズが以下のトレードを行ったことを発表した。


■インディアナ・ペイサーズ獲得

ジャレン・レキュー選手

■オクラホマシティ・サンダー獲得

T.J.リーフ選手

将来のドラフト2巡目指名権




T.J.リーフ選手は、ペイサーズが2017年ドラフトで1巡目全体18位で指名したビックマン。

高い期待とは裏腹に、ローテーションに定着できず、NBAキャリア3年目の今季はキャリアワーストとなる28試合の出場に留まった

年棒430万ドル(約4億4,600万円)のリーフ選手をトレードしたことで、ペイサーズはラグジュアリータックス(贅沢税)を超えることがなくなった

T.Jリーフ選手の代わりに獲得したジャレン・レキュー選手は、20歳のポイントガード。

アウトサイドシュート力に課題が残るものの、身体能力が高く、昨シーズンはGリーグで、平均13.3得点・3.5アシスト・3.2リバウンドという成績を収めている。

昨シーズン、NBAではサンズでプレーし、今オフ、クリス・ポール選手のトレードでサンダーへ移籍していた。

関連記事

FAになっていたジャスティン・ホリデー選手がペイサーズと3年1880万ドルで再契約

2020.11.21

ペイサーズは2巡目全体54位でカシアス・スタンリー選手(デューク大学)を指名【2020年ドラフト】

2020.11.19

ペイサーズの新HCがネイト・ビョークグレン氏に決定!

2020.10.23

ペイサーズ2019-20シーズン、選手の活躍度診断【総括】

2020.04.08

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。