納見悠仁選手の魅力【新潟アルビレックスBB】

納見悠仁選手の魅力

基本情報

所属チーム島根スサノオマジック
ポジションPG/SG
生年月日1997年4月10日
身長/体重181cm/83kg
出身校青山学院大学
Twitter@21yuto0410

プレースタイル

納見選手は、ポイントガードとシューティングガードのポジションをこなすコンボガードです。

リムにアタックする姿勢が魅力で、ハンドリングスキル、パススキルとも高く得点クリエイト能力が高いことも特長です。

Bリーグではまだ3Pシュート成功率が高くないですが、大学時代は3Pシュート成功率が40%超えのシーズンがあることから、今後3Pシュート成功率も向上してくることが予想できます。

ディフェンスもハードワーカーで、相手チームの日本人エースをマークすることが多いです。

経歴

高校時代

納見選手は、宮城県の明成高校に進学。同期には、現在NBAで活躍している八村塁選手(ウィザーズ)がいます。

1年時からU-16日本代表に選ばれるなど、実力が周知されていた納見選手。

2年時にスタメン定着すると、明成高校のウィンターカップ2連覇に大きく貢献し、大会ベスト5を受賞します。またこの年、U-17日本代表にも選ばれています。

主将として挑んだ3年時は、八村選手や三上選手とともに明成高校のインターハイ初優勝を達成します。

また冬のウィンターカップでは大会3連覇に大きく貢献し、2年連続で大会ベスト5を受賞します。


大学時代

納見選手は高校を卒業すると、大学バスケ界の名門青山学院大学へ進学します。

1年時から6マンとして出場するなど期待され、新人戦ではいきなり優勝し、新人王を獲得します

2年時からスタメンに定着し、3年時の関東大学バスケットボールリーグ戦では22試合出場し、平均11得点をマーク。

キャプテンとなった4年時は、秋の関東大学バスケットボールリーグ戦で22試合出場し 、平均14.9得点をマーク。総得点は328得点で、リーグ9位に入る活躍を見せ、青山学院大学がリーグ2位となる原動力となりました。


Bリーグ

大学4年時にB1の島根スサノオマジックと特別指定選手契約で合意し、2019年12月29日の琉球戦でB1デビュー。

同試合で3ポイントシュートを決め、初得点をマークしました。

2020年6月9日、島根スサノオマジックから新潟アルビレックスBBへ移籍しました。

スタッツ

大会TEAMPOGGSMINMINPGPTSPPGFGMFGAFG%3FGM3FGA3FG%FTMFTAFT%ORDRTRRPGASAPGTOSTBSBSRFFDEFF
B1島根PG/SG11089:24:008:07171.572825.00%31520.00%000.00%1890.880.742001311

参考文献

高校生新聞ONLINE「【ウインターカップ2014】男子 明成(宮城) 2年生チームで2連覇」(2020年2月11日閲覧)

BASKETBALLLING「【ベスト5一覧(2000年~)】ウインターカップ」(2020年2月11日閲覧)

公益財団法人 日本バスケットボール協会 「第3回FIBA ASIA U-16男子バスケットボール選手権大会」 (2020年2月11日閲覧)

公益財団法人 日本バスケットボール協会「第3回FIBA U-17男子バスケットボール世界選手権大会」 (2020年2月11日閲覧)

4years. 「『バスケエリート』納見悠仁をさらに成長させた青学バスケ部主将としての1年」(2020年2月11日閲覧)

Bリーグ公式サイト – 納見悠仁 (2020年2月11日閲覧)

島根スサノオマジック公式サイト「21 納見 悠仁選手 契約締結のお知らせ」 (2020年2月11日閲覧)

関連記事

北川弘選手の魅力【島根スサノオマジック】

2020.03.12

ブライアン・クウェリ選手の魅力【群馬クレインサンダース】

2019.11.20

寺嶋良選手の魅力【京都ハンナリーズ】

2020.01.29

【Bリーグ】注目の若手選手(2019-20)

2020.01.01

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。