T.J.ウォーレン選手の魅力【ペイサーズ】

T.J.ウォーレン選手の魅力

基本情報

身長/体重203cm/100kg
ドラフト順位2014年全体14位
ポジションSF
生年月日1993年9月5日
大学ノースカロライナ州立大学
国籍アメリカ

経歴

大学時代

高校時代から高い評価を受けていたTJ.ウォーレン選手。

高校時代には、 高校バスケのオールスターゲームであるマクドナルド・オールアメリカンにも選出されました。

高校を卒業すると、ウォーレン選手は地元ノースカロライナのノースカロライナ州立大学へ進学します。

1年生から35試合に出場し、平均12.1得点・4.2リバウンドをマークし、チームをNCAAトーナメントに導きました

2年時になると前年度のチームの主力選手が去ったため、出場時間が増加。35試合全試合スタメンで出場し、平均24.9得点・7.1リバウンドという記録を残しました。

ウォーレン選手はこの年、ACCプレイヤーオブザイヤーを受賞しました。

2年時が終了後、ウォーレン選手はNBAドラフトにエントリーしました。


フェニックスサンズ時代

2014-15

T.J.ウォーレン選手は、2014年ドラフト1巡目全体14位でサンズに指名されました。

2014年NBAドラフト

2014年ドラフトで指名された選手には、ジョエル・エンビード選手(1巡目全体3位)やニコラ・ヨキッチ選手(2巡目全体41位)などがいます。

この年のAll-NBAサマーリーグでは、All-NBAサマーリーグセカンドチームに選ばれます。

サマーリーグ後、左親指の怪我でNBAデビュー戦が遅れますが、11月9日のウォーリアーズ戦でNBAデビューを果たしたウォーレン選手。

11月17日のセルティックス戦ではNBA初得点をマークします。

ルーキーイヤーは平均6.1得点で終わりました。


2015-16

この年もNBAのサマーリーグに出場したウォーレン選手は、平均22.4点をマークしAll-NBAサマーリーグファーストチームに選ばれます。

初のダブルダブルや1試合29得点を記録した試合もあり、プレータイムや平均得点などのスタッツが大幅に向上。

平均得点は前年の6.1得点から、11.0得点まで伸びました。

しかし、2016年2月に右足の骨折で離脱し、出場試合は47試合に留まりました。


2016-17

P.J.タッカー選手の怪我もあり、先発スモールフォワードとして起用されると、得点・リバウンド・アシストの主要部門で前の年より大幅に上回るスタッツを残し、スターターのポジションを掴みとります


2017-18

シーズンが始まる前、ウォーレン選手はサンズと4年5000万㌦(約54億円)の大型契約を結びます

この年、ウォーレン選手は65試合にスターターとして出場し、平均19.6得点とキャリアハイの成績をマークします


2018-19

サンズのエース、デビン・ブッカー選手に次いでチームのスコアラーになったウォーレン選手。

3ポイント成功率はキャリアハイの42.8%、FT成功率もキャリアハイの81.5%を記録します。

しかし、このシーズンは怪我が相次ぎ43試合の出場に留まりました。


ペイサーズ時代

2019-20シーズン

2019-20シーズン。ウォーレン選手は金銭トレードで、サンズからペイサーズに移籍します

トレード内容
サンズ:ウォーレン選手+2019年全体32番目⇔ペイサーズ:2100万㌦(約23億円)

サンズはキャップスペースを空けるため、このトレードを行ったと考えられています。

ペイサーズに移籍した後も、ウォーレン選手はチームのスコアラーの一人としてウィング・コーナーから得点を量産し、キャリアハイとなるシーズン平均19.8得点・4.2リバウンドをマークしました。

2020年8月2日の76ers戦では、キャリアハイとなる1試合53得点をマーク。3ポイントシュートも1試合9本成功し、キャリアハイを更新しました。




ウォーレン選手はシーディングゲーム(順位決定戦)での平均31.0得点・6.3リバウンドをマーク

この活躍により、ウォーレン選手はオール・シーディングゲーム・ファーストチームに選出されました。



プレースタイル

T.J.ウォーレン選手は、スラッシャータイプのスモールフォワードです。

スラッシャー

スラッシャー(slasher)とは、ドライブを多用する選手のこと。

ペリメーターを主戦場としているのにも関わらず、通算FG%が50%を超えと高いシュート成功率をマークしているところも特長です

NBAデビュー当初は3ポイントシュート成功率が悪く、試合での試投数も少なかったですが、年々3ポイントシュート成功率が向上

直近2年間では、3ポイントシュート成功率が3割後半をマークしています。

ポジション的に相手スコアラーをマークすることが多いため、Defensive +/-は平均以下ですが、スティールが上手いことも特長の一つです。


スタッツ

SeasonAgeTmLgPosGGSMPFGFGAFG%3P3PA3P%2P2PA2P%eFG%FTFTAFT%ORBDRBTRBASTSTLBLKTOVPTS
2014-1521PHONBASF40115.42.85.40.5280.10.50.2382.74.80.5600.5400.40.50.7371.01.12.10.60.50.20.76.1
2015-1622PHONBASF47422.84.79.40.5010.61.50.4004.17.90.5200.5331.01.40.7031.21.93.10.90.80.30.711.0
2016-1723PHONBASF665931.06.112.30.4950.41.50.2655.710.80.5270.5111.82.30.7731.93.25.11.11.20.60.914.4
2017-1824PHONBASF656533.08.116.40.4980.31.40.2227.815.00.5230.5073.03.90.7571.93.25.11.31.00.61.319.6
2018-1925PHONBASF433631.66.914.20.4861.84.20.4285.110.00.5100.5492.32.90.8150.73.34.01.51.20.71.218.0
2019-2026INDNBASF676732.98.014.90.5361.43.40.4036.611.50.5750.5812.53.00.8191.03.24.21.51.20.51.319.8
CareerNBA32823228.86.412.60.5070.82.10.3615.610.50.5350.5361.92.50.7791.42.84.11.21.00.51.015.5

参考文献

Wikipedia – T.J.Warren(2020年2月7日閲覧)

NBA.com – Damian Lillard, Devin Booker headline Kia NBA Seeding Games awards (2020年8月16日閲覧)

Basketball Reference – TJ.Warren (2020年9月17日閲覧)

関連記事

ビクター・オラディポ選手の魅力【ペイサーズ】

2020.03.04

ドマンタス・サボニス選手の魅力【ペイサーズ】

2019.11.17

マルコム・ブログドンの魅力【ペイサーズ】

2019.12.01

TJ.ウォーレン選手がオール・シーディングゲーム・ファーストチームに選出!

2020.08.16

ペイサーズ2019-20シーズン、選手の活躍度診断【総括】

2020.04.08

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。