島根が三河と対戦し、94-86で勝利!島根はクラブ初となるB1で6連勝!

島根が三河と対戦し、94-86で勝利!島根はクラブ初となるB1で6連勝!

RECAP

島根がクラブ初となるB1で6連勝!

4月25日(日)、前日ダブルオーバータイムまでもつれた激闘を制した島根は、前日同様シーホース三河と対戦した。

この試合、三河は負傷のためインサイドの要であるダバンテ・ガードナー選手シェーン・ウィティングトン選手が欠場。

そのため、インサイドでは島根が有利の戦況で試合が始まった。

島根に分がある状況で始まった試合だったが、1Q目は、三河がPGである熊谷航選手のドライブから得点を量産。

補足

この試合、熊谷航選手はキャリアハイとなる17得点をマークした。

島根は三河に1点リードを許す形で1Qを終える。

迎えた2Q。

島根はビュフォード選手を中心に12-0のランを作ることに成功し、52-39と10点以上離して前半を終了した。

3Qは阿部諒選手(島根)のファールアウトをきっかけにリーグ屈指のシューターである金丸晃輔選手(三河)が爆発。

金丸選手はこのクォーターだけで10得点をマークした。

阿部選手はファールしながらでも金丸選手に3ポイントシュートを簡単に打たせなかったですな。

事実、阿部選手がファールアウトするまで金丸選手の3ポイントシュート試投数は0本である。(表1)

(表1)4月25日、島根三河戦での金丸晃輔選手の得点

点差を縮められた状況で始まった4Q。

このクウォーターは、終始島根のペリン・ビュフォード選手がコントロール。

最終的に、島根は94-86で三河に勝利した。

島根はこれでクラブ初のB1での6連勝B1クラブ最多勝利数を25勝に更新した。

次戦は5月1日(土)、ホーム松江で西地区7位の京都ハンナリーズと対戦する。



スタッツで振り返る島根三河戦 Game2

スタッツで振り返る島根三河戦 Game2。

ガードナー選手とウィティングトン選手が欠場していたが、意外にもリバウンド数は三河の方が優れている

逆に島根は3P%が47.4%(9/19)と高確率に決まり、三河の十八番を奪う形となった。

三河はフリースロー成功率30.8%(4/13)が地味に響きましたな。

更に細かい内容まで見ていこう。

ペイントエリア内での得点は島根が三河より10得点上回った

三河はガードナー選手とウィティングトン選手不在の穴が大きかったですな。

とは言え、この試合三河は日本人ビックマンであるシェーファー アヴィ幸樹選手が22得点・7リバウンドの大活躍

シェーファー アヴィ幸樹選手は日本代表候補にも選ばれている選手であり、今後の成長が楽しな選手である。

セカンドチャンスからの得点も島根が上回った。

速攻からの得点(Fast Break Points)を見てみると、島根が22得点に対し、三河は10得点

島根は得意のトランジションオフェンスが出来ていましたな

Today`s MVP:ペリン・ビュフォード選手

本日のMVPは、ペリン・ビュフォード選手

本日の試合もベンチからの出場で、ゲームハイとなる26得点・11リバウンド・7アシストのダブルダブルを達成した。

レギュラー級の選手が6thマンで出場すると聞くと、私はマヌ・ジノビリ選手(SAS)を思い出しますな。

このクラスの選手が6thマンとして出場するのは、反則だ。

関連記事

アクアマジック使用楽曲まとめ【2020-21】

2021.03.23

島根スサノオマジックB1、1試合最多得点記録【選手】

2021.03.03

島根スサノオマジックのホームアリーナである松江市総合体育館へ行こう

2021.02.22

島根スサノオマジックの歴史

2021.01.27

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。