島根がホーム初勝利!三遠と対戦し、前試合の借りを返す

島根がホーム初勝利!三遠と対戦し、前試合の借りを返す

試合レビュー

米子開催でホーム初勝利を上げた島根スサノオマジック

昨晩苦杯を嘗めた島根スサノオマジック。

目の前まで勝利が見えていただけに、選手・ブースターともに非常に悔しい思いをしたはずである。

一夜明けた本日、島根の選手たちはワンプレーワンプレーに対して非常に集中できていた

前試合では3ポイントシュート0/3だった阿部諒選手は、この試合、同じワイドオープンの状況で2本とも成功。最終的にシーズンハイとなる13得点をマークした。

ビュフォード選手も積極的にドライブを仕掛け、相手からファールを貰い、一桁得点に終わった昨晩から一転、15得点・8リバウンドをマークし、バウンスバックに成功した。

4Qに点差を詰められる時間があったものの、最後は島根が逃げ切り、81-74で勝利した。

島根はホーム初勝利。次戦は、11月11日(水)敵地で西地区2位のシーホース三河と対戦する。


ファールトラブルに苦しんだ三遠

ステヴァン・イェロヴァツ選手

両チームとも審判のジャッジに苦しんだ試合となったが、三遠は特にファールトラブルに苦しんだ形となった

チームのスコアラーであるステヴァン・イェロヴァツ選手が2Q目からファールトラブルでベンチに下がると、試合は島根の流れに傾いていった

ネナド・ミリェノヴィッチ選手(三遠)が怪我で出場できなかったのも痛かったですな。

ファールトラブルで苦しんだイェロヴァツ選手だが、終わってみるとゲームハイとなる23得点・11リバウンドのダブルダブルを達成しており、ここからも実力の高さが伺える。

208cmの長身から放たれるターンアラウンドジャンパーは、Bリーグでは無敵だろうなと感じた。

Today`s MVP デモン・ブルックス選手

デモン・ブルックス選手

本日のMVPは、デモン・ブルックス選手

プレーメイクも出来るポイントフォワードとして、チームハイとなる19得点・6リバウンド・4アシストをマークした。

ファールトラブルのため、3Qの途中からベンチに下がっていたブルックス選手だったが、4Q残り20秒でコートに再登場

試合から離れていたのにも拘わらず、コートに戻るや否や、三遠のオールコートプレスを掻い潜り、フリースローを沈め、勝利を決定づけるスティールをマーク。

ベンチでも集中力を切らさずにいたのでしょうな。

チームを勝利に導くエースの仕事でした。

関連記事

杉浦佑成選手の魅力【島根スサノオマジック】

2020.05.24

デモン・ブルックス選手の魅力【島根スサノオマジック】

2020.07.06

【Bリーグ新人王争い】B1・ルーキー成績(10/29時点)

2020.10.30

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。