【NBAドラフト候補】オビ・トッピン選手の魅力【2020】

オビ・トッピン選手の魅力

基本情報

出身校デイトン大学
ポジションPF
生年月日1998年3月4日
身長/体重206cm/100kg
国籍アメリカ合衆国

経歴

オビ・トッピン選手は、ブルックリン・ネッツのお膝元であるニューヨーク市のブルックリン区で生まれる。

オビ・トッピン選手は、高校1年生の時にヘリテージ高校に在籍。

翌年、メルボルン・セントラル・カトリック高校に編入する。

その後トッピン選手、彼の母親と弟は、ニューヨークのオシニングに引っ越しし、トッピン選手は高校3年時にオシニング高校に入学した。

トッピン選手は1年間在籍したオシニング高校で、平均20.6得点・8.1リバウンド・3アシスト・3スティールをマークし、チームを10年ぶりのカンファレンスファイナルに導いた。

しかし、NCAAディビジョン1からのオファーがなかったため、トッピン選手はメリーランド州にあるザイオン準備学校に進学した。

トッピン選手はそこで身長が206cmまで背が伸び、平均17得点・8リバウンド・4アシストの好成績を残した。

ジョージア大学、テキサスA&M、ミネソタ大学など数あるオファーの中から、トッピン選手はディトン大学へ進学する。

ディトン大学1年時、平均14.4得点・5.6リバウンド・FG成功率66.6%と好成績を残し、2019年ドラフトに宣言。

しかし、いくつかのNBAチームでトレーニングを行った後、トッピン選手はドラフトから撤退してデイトン大学に戻ることを選択した。

デイトン大学2年時、トッピン選手は更に成長した姿を魅せる。

1試合平均20.0得点・7.5リバウンド・2.2アシストと各スタッツを大幅に向上させ、カレッジの年間最優秀選手に贈られるネイスミス賞やAP年間最優秀選手賞など個人タイトルを総なめにした。

プレースタイル


オビ・トッピン選手は、3ポイントシュートも得意なPF(パワーフォワード)である。

3ポイント成功率は、2018-19シーズンが52.4%、2019-20シーズンが39.0%と2シーズンとも非常に高確率で、ストレッチ4として非常にニーズが高い選手である。

ダンカーとしても優れており、最高到達点への速さを活かした跳躍力で、ボスハンドダンクはもちろんのこと、トマホークダンクやウィンドミルダンクなど観客を沸かせるスラムダンクができる選手である。

シーズン成績

大学時代

STATSGPMINFG%3P%FT%REBASTBLKSTLPFTOPTS
2019-203131.663.33970.27.52.21.211.62.220
2018-193326.566.652.471.35.61.80.80.62.11.914.4

参考文献

Wikipedia – Obi Toppin

Espn-Obi Toppin

関連記事

【NBAドラフト候補】アンソニー・エドワーズ選手の魅力【2020】

2020.05.24

【NBAドラフト候補】ラメロ・ボール選手の魅力【2020】

2020.05.25

【ユタ・ジャズ】逃した魚はデカかった!ジャズで飛躍しているボヤン・ボグダノヴィッチ

2019.12.22

【NBA】ペイサーズのスーパーデュオに注目せよ!!

2019.12.17

ジャマール・クロフォードシェイク&ベイクを習得しよう【バスケットボールのハンドリングムーブ】

2020.05.14

バスケットボールの「リトリート」とはどんなムーブか?

2020.04.13

関連グッズ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。