Bリーグ新外国籍選手まとめ【2021-22シーズン】

>> <<

Bリーグ新外国籍選手まとめ【2021-22シーズン】

レバンガ北海道

ショーン・ロング選手

ポジションPF/C
生年月日1993年1月29日
身長/体重208cm/112kg
国籍アメリカ合衆国


ショーン・ロング選手は、208cmのPF。

過去には、NBAのフィラデルフィア・76ersでプレーした経歴も持っている。

昨シーズンは韓国リーグでプレーし、1試合平均21.3得点10.8リバウンドを記録。得点王と外国籍選手のMVPを獲得した。

208cmと長身であり、なおかつハンドリング力・アジリティも高い選手であり、ポストプレー・ペネトレイト・アウトサイドシュートと多彩な得点パターンを持っているロング選手は、来季の注目すべき選手の一人である


秋田ノーザンハピネッツ

コルトン・アイバーソン選手

ポジションC
生年月日1989年6月29日
身長/体重212cm/116kg
国籍アメリカ合衆国

コルトン・アイバーソン選手は、インディアナ・ペイサーズから2013年にNBAドラフト2巡目53位を受けた経歴を持つビッグマン。

アイバーソン選手は、リーグトップクラスとなる7フッター級(213cm)の身長が魅力の選手である。

昨シーズンはオーストラリアのNBLでプレーしており、36試合に出場し、平均8.8得点・8.6リバウンドをマークした。

得点能力はやや物足りないが、その大きな体格を活かしたスクリーンプレーとポストアップは、他クラブにとって脅威となりそうだ。


群馬クレインサンダーズ

オンドレイ・バルウィン選手

ポジションC
生年月日1992年9月20日
身長/体重217cm110kg
国籍チェコ

オンドレイ・バルウィン選手は、チェコ出身のビッグマン。

身長はBリーグ最身長となる217cmを誇っている。

昨シーズンはスペインのリーガACBでプレーし、26試合の出場で、平均11.5得点・8.6リバウンドをマークした。

その長身を活かしたリム周りのプレーは、他クラブの脅威になりそうだ。


宇都宮ブレックス

チェイス・フィーラー選手

ポジションPF
生年月日1992年6月10日
身長/体重203cm/109kg
国籍アメリカ合衆国

チェイス・フィーラー選手は、アメリカ出身のPF。

昨シーズンはドイツ1部のブローゼ・バンベルクでプレーし、平均9.9得点・3.1リバウンドをマークした。

203cmとPFとしてはやや小柄だが機動力とハンドリング力がある選手であり、3ポイント成功率も7年連続で(リーグは異なるが)35%を以上をマークしているストレッチ4である。


アイザック・フォトゥ選手

ポジションPF
生年月日1993年12月18日
身長/体重203cm/104kg
国籍ニュージーランド


アイザック・フォトゥ選手は、ニュージーランド出身のビッグマン。

昨シーズンは、イタリアリーグでプレーし、平均9.6得点・3.1リバウンドをマークした。

203cmとインサイド陣の中では小柄だが、機動力がある選手であり、ポストプレーを得意としている。


茨城ロボッツ

ハビエルゴメス・デ・リアノ選手

ポジションSG
生年月日1998年7月27日
身長/体重195cm/89kg
国籍フィリピン


ハビエルゴメス・デ・リアノ選手は、フィリピン出身の22歳。

ハビエルゴメス・デ・リアノ選手は195cmと長身でありながら、ドライブを得意としているスラッシャーである。

また3ポイントシュートも得意としており、ハビエルゴメス・デ・リアノ選手の加入で茨城はオフェンスの幅が広がりそうだ。


千葉ジェッツ

クリストファー・スミス選手

ポジションSG/SF
生年月日クリストファー・スミス
身長/体重193cm / 95kg
国籍アメリカ合衆国


クリストファー・スミス選手は、193cmのスウィングマン。

SFとしてはやや小柄だが、フィジカルが強く、またアスレチック能力も高い選手である。

昨シーズンはポーランドのリーグでプレーし、平均16.5得点・4.4リバウンド・1.9アシストをマーク。

3ポイント成功率も47.7%と非常に高確率で、千葉の新たなスコアラーとして活躍が期待される。


ジョン・ムーニー選手

ポジションPF/C
生年月日1998年3月20日
身長/体重206cm/111kg
国籍アメリカ合衆国


ジョン・ムーニー選手は、23歳の若手ビッグマン。

昨シーズンはオーストラリアのNBLでプレーし、平均16.9得点・11.4リバウンド・2.9アシストをマークした。

206cm111kgの巨体を活かしたポストアップと3ポイントシュートが得意なストレッチ5であり、富樫選手のペネトレートのスペースを広げることに役立つだろう。


アルバルク東京

ジョーダン・セオドア選手

ポジションPG
生年月日1989年12月11日
身長/体重183㎝/89㎏
国籍アメリカ合衆国


今オフ退団する安藤誓哉選手の代わりに、アルバルク東京が獲得したのがジョーダン・セオドア選手である。

昨シーズンはロシアリーグのUNICSカザンに所属し、リーグ戦で1試合平均8.7得点5.5アシストを記録した。

セオドア選手は身長183cmと外国籍選手の中では非常に小柄だが、シュート・ハンドリング・パススキルとも高いスキルセットを持っており、またそれらを使いこなせる高いバスケIQを持った選手である。

今季のアルバルク東京は、セバスチャン・サイズ選手・ライアン・ロシター選手・安藤周人選手を獲得し、ウィング・インサイドともに大幅な補強に成功した。

セオドア選手なら、リーグトップの選手層となったウィング・インサイドの選手を上手く使いこなせるはずである。


川崎ブレイブサンダース

マット・ジャニング選手

ポジションSG
生年月日1988年6月22日
身長/体重196cm / 99kg
国籍アメリカ合衆国


マット・ジャニング選手は、アメリカ出身のSG。

196cmの長身から放たれるディープスリーが武器の選手であり、川崎の新たな得点源の一人になりそうだ。

昨シーズンはスペインのリーガACBでプレーし、平均10.0得点・2.0アシスト・2.3リバウンド、3ポイント成功率:38.9%をマークした。

川崎のロースターを見るとインサイド陣に不安が残るが、ジャニング選手の加入でオフェンス面では豊富なバリエーションが生まれそうだ。


横浜ビー・コルセアーズ

レイトン・ハモンズ選手

ポジションSG/SF
生年月日1994年9月26日
身長/体重203cm/98kg
国籍アメリカ合衆国

レイトン・ハモンズ選手は、203cmのスウィングマン。

昨シーズンは、ロシア国内リーグ最高峰 VTBユナイテッドリーグのEniseyに所属し、チームトップとなる1試合平均14.0得点をマークした。

シュート成功率は、それぞれFG 50.3%、3FG 47.4%、FT 93.3%と非常に高確率をマークした。

インサイド・アウトサイドからも得点を狙え、ハンドラーとしてもプレーできるハモンズ選手は、ロバート・カーター選手が去った横浜の新たなエースになりそうだ


富山グラウジーズ

ブライス・ジョンソン選手

ポジションPF
生年月日1994年6月27日
身長/体重208cm/104kg
国籍アメリカ合衆国


ブライス・ジョンソン選手は、27歳のPF。

2016年にはNBAドラフト 1巡目25位で指名を受け、ロサンゼルス・クリッパーズでプレーした経歴も持っている。

昨シーズンはウクライナのブディベルニク・キエフBCでプレーし、平均12.5得点・8.1リバウンドをマークした。

208cmと長身ながら、非常に高いアジリティ(敏捷性)を持った選手であり、来シーズン、Bリーグの舞台で蹂躙すること間違いなしの選手である。


三遠ネオフェニックス

エリアス・ハリス選手

ポジションPF
生年月日1989年7月6日
身長/体重203cm/108kg
国籍ドイツ

三遠ネオフェニックスが新たに契約したエリアス・ハリス選手は、八村塁選手の母校でもあるゴンザガ大学出身のPF

過去には、ロサンゼルス・レイカーズでプレーした実績も持っている。

203cm108kgのサイズに加え、アジリティも兼ね備えたハリス選手のペイントアタックは、他クラブの脅威となりそうだ。


ジャスティン・ノックス選手

ポジションC
生年月日1989年1月13日
身長/体重206cm/110kg
国籍アメリカ合衆国

ジャスティン・ノックス選手は、32歳のビッグマンだ。

昨シーズンは、韓国バスケリーグの原州DBプロミで中村太地選手と共にプレー。

54試合に出場し、平均13.9得点・6.8リバウンドをマークした。

昨シーズンは3ポイント成功率も37.1%をマークし、昨シーズン三遠でプレーしたカイル・ハント選手のようなアウトサイドシュートを全く打たない選手ではなさそうだ。


シーホース三河

ジェロード・ユトフ選手

ポジションPF
生年月日1993年5月19日
身長/体重206cm/100kg
国籍アメリカ合衆国


ジェロード・ユトフ選手は、NBA経験もあるPF。

206cm100kgとやや線が細いが、多彩なポストムーブと精度の高い3ポイントシュートが魅力のストレッチ4である。

昨シーズンはNBAの下部組織であるGリーグで14試合に出場し、平均14.9得点・8.8リバウンド・3.0アシストをマーク。

2019-2020年シーズンは、オールNBAGリーグファーストチームにも選ばれた実績を持っている。


名古屋ダイヤモンドドルフィンズ

スコット・イーサトン選手

ポジションPF/C
生年月日1991年12月26日
身長/体重206cm / 106kg
国籍アメリカ合衆国


スコット・イーサトン選手は、206cmのビッグマン。

昨シーズンは、スペイン1部リーグのリーガACBでプレーし、平均14.1得点・5.8リバウンドをマークした。

アスレチック能力はそこまで高くないが、ファストブレイクに参加する脚力と広いシュートレンジが魅力の選手である。

スクリーナーとしても優秀であり、名古屋DのPGである斎藤拓実選手との相性も良さそうだ。


コティ・クラーク選手

ポジションPF
生年月日1992年7月4日
身長/体重201cm / 105kg
国籍アメリカ合衆国

コティ・クラーク選手は、201cmのPF。

昨シーズンは、イスラエルスーパーリーグでプレーし、平均18.7得点・7.3リバウンド・5.4アシスト・1.2スティールとオールラウンドの働きを魅せた。

フィジカル・アジリティともに優れた選手であり、ハンドリング・シュートスキル・パススキルともに高い技術を持った選手である。

またPFながらハンドラーとしてもプレーでき、一人で状況を打開できる力を持っているところがクラーク選手の魅力の一つである。


滋賀レイクスターズ

キーファー・ラベナ選手

ポジションPG/SG
生年月日1993年10月27日
身長/体重183cm/82kg 
国籍フィリピン


滋賀レイクスターズと契約したキーファー・ラベナ選手は、フィリピン代表にも選ばれているコンボガードである。

母国フィリピンでは絶大な人気を誇るアスリートであり、弟に三遠ネオフェニックスのサーディ・ラベナ選手を持っている。

183cm82kgとフィジカルな体格に加え、高いハンドリング力とパスセンスを兼ね備えたキーファー・ラベナ選手が、滋賀でどのような活躍をするのか注目が集まる。


京都ハンナリーズ

ジャメル・アーティス選手

ポジションSF/PF
生年月日1993年1月12日
身長/体重201cm / 98kg
国籍アメリカ合衆国


ジャメル・アーティス選手は、201cmのフォワードだ。

過去には、ニューヨーク・ニックスやサクラメント・キングスなどNBAのチームでプレーした経歴も持っている。

昨シーズンは、フランスのLNBリーグでプレーし、平均11.1得点・2.7リバウンド・2.1アシストをマークした。

PFとしてはアンダーサイズだが、ポストプレーだけでなく、3ポイントシュートも得意としており、広いシュートエリアから得点を狙えるアーティス選手の能力は京都の戦術の幅を広げそうだ。

島根スサノオマジック

ニック・ケイ選手

ポジションPF/C
生年月日1992年8月3日
身長/体重206cm/106kg
国籍オーストラリア


ニック・ケイ選手は、東京オリンピックでオーストラリア代表にも選出されているビッグマン。

過去にはオーストラリアNBLで新人王、2度のシーズンベスト5を受賞した経歴を持っている。

206cm103kgの恵まれたサイズと、ポストプレーだけでなく3ポイントシュートを得意としておりなど広いシュートレンジが魅力の選手である。

昨シーズンはスペイン1部リーグのリーガACBでプレーし、平均7.9得点・5.5リバウンドをマークした。

関連記事

Bリーグ移籍マーケット【2021-22】

2021年5月11日

B1営業収入の内訳をグラフにしてみた【2019-20】

2021年4月16日

B1全22チーム移籍情報まとめ【2021-22】

2021年6月19日

>> <<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。