信州ブレイブウォリアーズを振り返る【2020-21シーズン】

>> <<

信州ブレイブウォリアーズを振り返る【2020-21シーズン】

総評

■20勝34敗(勝率.370) 西地区7位(全体14位)

クラブ初のB1シーズンとなった信州ブレイブウォリアーズ。

昨季は、20勝34敗(勝率.370)で西地区7位

B1昇格初年度で20勝以上をマークしたのは、信州が初めてのクラブとなった。

名将マイケル勝久HCの元、勝久HCのやりたいバスケが選手に浸透しており、完成度の高いチームという印象だ。

今オフは、課題であるオフェンス力不足を改善すべく、スコアリング能力の高い選手を獲得したい

チームスタッツ

試合のテンポを表すスタッツであるPace。

このPaceが昨シーズン、最も低かったチームが、今回の信州ブレイブウォリアーズである。

これは試合のテンポを遅くすることで、相手の攻撃回数も減らし、ロースコアな展開に持っていく狙いだろう。

ロースコアにもっていきたい背景には、チームの火力不足というものがある。

平均得点はリーグ最下位の71.9得点、オフェンシブ・レーティングもリーグ19位の97.2と、オフェンス力不足は否めなかった。

個で打開する力を持つ選手がいない信州が取った戦術が、ピックスクリーン(ボールスクリーン)である。

このピックスクリーンはギャップを作るため選択した戦術だが、そこからキックアウト(アウトサイドへパスを出すこと)で外に出し、クローズアウトシチュエーションを作成。

そこから更にオープンな選手がいれば、エクストラパスを出すなどし、オープンスリーの状況が多く作っていたのが信州の特徴だ。

オフェンス力とは反対に、ディフェンス力はトップクラスであり、平均失点はリーグ2位の75.0得点、ディフェンシブ・レーティングはリーグ6位の101.6と非常に高水準なスタッツをマークした。

今オフの目標

■得点力のある外国籍選手の補強

ピックアッププレイヤー

西山達哉選手 PG 33歳

西山達哉選手は、172cmのPG。

小柄な身長ながら、Bリーグでは珍しいプルアップスリー(ドライブから3ポイントシュートを放つこと)の名手である。

昨季は自身初のB1シーズンとなったが、いきなりリーグ日本人5位(帰化選手除く)となる平均11.1得点をマークし、チームを牽引した。


ジョシュ・ホーキンソン選手 PF/C 26歳

ジョシュ・ホーキンソン選手は208cmのストレッチ4。

ビックマンながら、3ポイントシュートが得意であり、昨シーズンは3ポイントシュート成功率38.5%をマークした。

年齢もまだ26歳と若く、今後の活躍が楽しみな選手である。


アンソニー・マクヘンリー選手 PF/C 37歳

アンソニー・マクヘンリー選手は202cmのビックマン。

37歳と大ベテランであるが、多くの日本クラブを渡り歩いたジャーニマンだけに経験値が豊富で、非常に頼りになる選手である。

昨シーズンは、平均10.7得点・5.0アシスト・7.1リバウンドをマーク。

多くの面でチームに貢献できるマルチタレントである。

課題を挙げるとすれば、得点面が物足りないことだろう。今オフは、マクヘンリー選手の火力不足を補える選手を補強したい。


選手スタッツ

NameAgeGGSMPPTS3PM3PA3P%2PM2PA2P%FGMFGAFG%FTMFTAFT%ORBDRBTRBASTSTLBLKBSRTOVPFFD+/-
西山達哉32514228.611.12.37.1331.22.745.63.59.736.41.62.177.60.31.41.74.310.10.12.822.6-1.5
アンソニー・マクヘンリー37464630.810.70.93.426.53.2653.84.19.3441.62.466.71.65.474.91.31.10.32.32.42.5-1.5
ウェイン・マーシャル34444328.5171.13.2364.8860.2611.253.445.276.324.36.32.20.61.30.51.82.84.60
ジョシュ・ホーキンソン25471225.915.81.84.738.53.45.858.45.210.549.53.64.383.21.96.182.20.60.60.11.31.94-1.7
三ツ井利也26484122.72.90.6227.80.40.674.112.637.90.40.583.30.52.22.80.60.40.100.42.40.81.4
大崎裕太26422724.35.60.93.4271.32.746.92.2635.80.40.665.40.42.12.530.600.11.61.91.1-0.5
栗原ルイス244425215.71.23.731.90.71.9391.95.634.30.7165.90.51.92.41.80.700.21.41.61.4-3
小野龍猛32511216.83.80.41.721.812.148.61.43.836.60.6163.30.71.72.50.60.30.10.30.51.31-3.9
山本エドワード34511415.45.21.44.233.80.3130.21.75.233.10.40.485.70.31.11.41.70.500.20.81.71.1-2.2
ヤン・ジェミン213892.70.2121.60.81.647.512.637.80.50.773.10.41.11.60.30.400.20.41.11-0.9
井上裕介3816211.24.31.12.8400.41.236.81.6439.10.10.2250.21.11.20.40.20.10.20.31.20.6-4.9
増子匠2917310.52.20.51.433.30.31.126.30.82.530.20.20.36000.80.80.40.500.10.811.2-3.2
武井弘明291336.31.90.40.845.50.30.8400.71.642.90.20.533.30.20.50.70.80.100.20.20.30.6-0.5
佐藤託矢37164.410.10.233.30.20.4500.20.644.40.40.858.30.10.50.60.10.10.10.10.21.30.6-2.8

関連記事

信州ブレイブウォリアーズ入退団・移籍情報まとめ【2021-22】

2021年6月10日

山本エドワード選手の魅力【信州ブレイブウォリアーズ】

2021年4月6日

B1営業収入の内訳をグラフにしてみた【2019-20】

2021年4月16日

>> <<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。