ペイサーズが116-111でピストンズに勝利!順位もイースタン9位に浮上!

>> <<

ペイサーズが116-111でピストンズに勝利!順位もイースタン9位に浮上!

ペイサーズがピストンズに勝利!

3月24日(水)、前節ミルウォーキー・バックスに大敗したインディアナ・ペイサーズは、ホームのバンカーズ・ライフフィールドで、同地区15位のデトロイト・ピストンズと対戦した。

前半こそピストンズリードで進んだが、2Q後半にペイサーズがリードを奪うとその後は終始ペイサーズリードで試合が進んだ

最終的にペイサーズが116-111で勝利

ペイサーズの勝敗は20勝23敗となり、イースタン・カンファレンス9位に浮上した。

次戦は、3月26日(金)ダラス・マーベリックスと対戦する。



ペイサーズ加入後、最多となる28得点をマークしたキャリス・レバート選手

この試合、ペイサーズのキャリス・レバート選手が大活躍。

チームハイとなった28得点は、レバート選手がペイサーズ加入後最多となる得点数だった。

レバート選手が離脱していた期間、8勝16敗だったチームは、レバート選手が復帰後は4勝3敗と勝ち越している

チームはブログドン選手、サボニス選手、レバート選手の3人のプレイメーカーを軸に、プレーオフ進出圏の8位に滑り込みたい。


関連記事

マルコム・ブログドンの魅力【ペイサーズ】

2019年12月1日

スタッツで比較するインディアナ・ペイサーズ

2021年3月16日
>> <<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。