島根スサノオマジックB1、1試合最多得点記録【選手】

>> <<

島根スサノオマジックB1、1試合最多得点記録【選手】

42得点:リード・トラビス選手(2021年2月27日 SR渋谷戦)

現在、島根スサノオマジックのB1、1試合最多得点記録を持っているのは、リード・トラビス選手で42得点だ。

達成日は2021年2月27日(土)のサンロッカーズ渋谷戦。

トラビス選手は、アンソニー・デイビス選手やデビン・ブッカー選手などNBA選手を多数輩出している名門ケンタッキー大学出身の選手である。

トラビス選手は203cm111kgの屈強な肉体と、豊富な運動力が魅力のビックマン

この日もトランジションオフェンスで得点を量産。

ペリメーターや3ポイントシュートなどアウトサイドシュートも好調で、42得点の球団記録となるマイルストーンを打ち立てた。


38得点:アル・ソーントン選手(2018年4月14日 三河戦)

リード・トラビス選手が42得点をマークするまで、クラブ記録を持っていたのがアル・ソーントン選手だ。

達成日は2018年4月14日(土)のシーホース三河戦である。

アル・ソーントン選手は203cm107kgのPF。

この日はアウトサイドシュートが好調で、3ポイントシュート6本成功を含む38得点・8リバウンドをマークした。



37得点:ブライアン・クウェリ選手(2020年1月29日 京都戦)

クラブ3位となる1試合37得点をマークしているのは、ブライアン・クウェリ選手である。

クウェリ選手は、多彩なシュートスキルと献身性が魅力のビッグマン

この日もゴール下を中心に得点を量産し、37得点・14リバウンド・5アシストとマルチな活躍でチームを牽引した。

関連記事

Bリーグ、1試合最多得点記録トップ5【歴代】

2020年5月28日

リード・トラビス選手の魅力【島根スサノオマジック】

2020年7月2日

島根スサノオマジックの歴史

2021年1月27日

>> <<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。