オーバータイムの末に島根がSR渋谷に勝利!!

オーバータイムの末に島根がSR渋谷に勝利!!

RECAP

オーバータイムの末、島根が勝利

2月26日(金)、西地区5位の島根スサノオマジックはホーム松江で東地区4位のサンロッカーズ渋谷(以下SR渋谷)と対戦した。

2連敗中のSR渋谷は今節からジェームズ・マイケル・マカドゥ選手が復帰。

大黒柱であるライアン・ケリー選手は未だ離脱中と厳しい状況には変わりがないが、前節の三遠戦と比べるとインサイドに厚みが増した布陣となった。

SR渋谷の10-0のランから始まったこの試合だが、徐々に島根が追い上げ同点で1Qを終了。

2Qに島根はエースのデモン・ブルックス選手を怪我で欠き、苦しい展開となったが、延長戦の末、SR渋谷相手に99-90で勝利した

クラブB1最多勝利数を15勝に更新。次戦は2月27日(土)、同じくSR渋谷と対戦する。



荒れた試合

この試合、両チーム合わせてファールアウト4名、負傷者1名と荒れた試合となった。

何故、荒れたのか。

私は次の2点が大きな理由だと考える。

1つがSR渋谷のフロッピングが非常に上手かったこと。もう1つが審判のジャッジが軽かったという理由である。

フロッピングとは、プレイヤー同士が接触した際、大袈裟に吹っ飛ばされる演技をして、ファールを誘い込むテクニックのことである。

SR渋谷はこのフロッピングが非常に上手かった

そして、このフロッピングに笛を吹いたのが本日の審判でありますな。

プロレベルではないコンタクトやボールへのコンタクトに笛がなった本日の試合。

審判の技術力向上バスケットボールのエンタメ向上には必要不可欠な要素だと感じますな。


エース、デモン・ブルックス選手の負傷

2Qの途中。島根のエースであるデモン・ブルックス選手が負傷した。

自分で歩けなかった様子から見るに、深刻な状態だったのは間違いない。最悪の場合、この試合でシーズンアウト。ということもあるかもしれない。

ブルックス選手はここまでチームトップの平均17.1得点・6.5リバウンドをマーク。

エースとしてだけでなく、リーダーとしてもチームを牽引していたため、ブルックス選手が離脱となるとチームにとって大きな痛手になる。

今シーズンはビュフォード選手や白濱選手、橋本選手なども負傷で離脱した時期がある。

今季の島根は最後まで怪我に悩まされるシーズンとなりそうだ。


スタッツで振り返る島根SR渋谷戦(2/26)

金曜日の島根SR渋谷戦をスタッツで振り返る。

オーバータイムまでもつれた試合だったが、リバウンド数は島根が59に対し、SR渋谷は26と倍以上

シュート成功率も2ポイント成功率、3ポイント成功率、フリースロー成功率とも島根の方がSR渋谷を上回っている

島根が強豪チーム相手に3ポイント成功率やフリースロー成功率で上回るのは珍しいですな。

ここまで島根に軍配が上がっていながら、オーバータイムまでもつれたのはやはりターンオーバー数だろう。

SR渋谷が11に対し、島根は23とSR渋谷に軍配が上がっている。

島根は一貫して、SR渋谷のオールコートマンツーマンに苦戦。

関野選手、ベンドラメ選手はただのオールコートマンツーマンディフェンスが一撃必殺のムーブメントになっていましたな。

Today`s MVP:ペリン・ビュフォード選手

本日の試合のMVPは、文句なし。ペリン・ビュフォード選手

自身B1キャリアハイとなる30得点に加え、16リバウンドのダブルダブルをマーク!

特にオーバータイムでは12得点・6リバウンド・1ブロックショットと攻守に渡って圧巻のパフォーマンスを魅せ、チームの勝利に貢献した。

杉浦選手からビュフォード選手のアリウープはたまらんかったですな!

ビュフォード選手の勝利への貪欲さ。好きです。


Photo Garary


関連記事

決算資料から読み解く、島根スサノオマジックの経営状況【2019-20】

2021.01.21

島根スサノオマジックの歴史

2021.01.27

ペリン・ビュフォード選手の魅力【島根スサノオマジック】

2020.07.23

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。