EFG%とは何か【バスケットボールの指標を考える】

EFG%とは何か【バスケットボールの指標を考える】

今回紹介するバスケ指標は、eFG%です。

eFG%は、Effective field goal percentageの略です。

eFG%は、2ポイントシュートと3ポイントシュートを一緒くたにして考えるFG%と違い、3ポイントシュートが2ポイントシュートより1得点多いという事実を考慮した指標です。

計算式は以下の通り。

もう少し踏み込んで考えてみましょう。

例えば、以下の2選手がいるとします。

プレイヤーAは、3ポイントシュート2本を含む4/10のシュート成功率。

プレイヤーBは、3ポイントシュートなしの5/10のシュート成功率。

通常のFG%ならプレイヤーAはFG%が40%で、プレイヤーBはFG%が50%となります。

しかし、実際に獲得した得点は2選手とも10得点です。

eFG%なら、この2人は同じ効果のシュート成功率(eFG%:50%)であることが分かるのです。


NBAアナリストの佐々木クリス氏曰く、「攻撃力を表す指標の中で、eFG%が最も勝率との相関が高い」と述べています。(下記の動画の6分30秒から)

そういう観点で見ても、eFG%は注目すべき指標なのかなと思います。


参考文献

Basketball Reference – Glossary (2021年1月4日閲覧)

Wikipedia – Effective field goal percentage (2021年1月4日閲覧)

関連記事

PPP(Points Per Possession)とは何か

2020.11.16

NBAで最もドライブする選手は誰か?【2019-20シーズン】

2020.08.26

【はじめてのバスケ指標】FG%とは何か?

2020.05.26

USG%で見るNBA全30球団のエースは誰か【2019-20シーズン】

2020.04.10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。