ディフェンシブRTとは何か

ディフェンシブRTとは何か

今回紹介するバスケ指標は、ディフェンシブRT(Defensive rating)です。

ディフェンシブRTは、DRtgとも略されます。

ディフェンシブRTは、相手に100回のポゼッション(攻撃回数)があった時に相手に何点取られるかを求められる指標です。

平均失点では分からないディフェンスの効率の良さが分かる所がこの指標な魅力です。(ディフェンシブRTは、チーム・個人のディフェンスの効率の良さが分かります)

アメリカの統計学者で、ワシントン・ウィザーズのACも務めていたDean Oliver氏によって作られたこの指標は、計算式がとても煩雑なことで有名です。

こちらのサイトに、個人のディフェンシブRTの計算式が掲載されているので、どんな計算式か知りたい方はぜひ参考にしてみてください。

参考文献

Wikipedia – Defensive rating (2021年1月3日閲覧)

Basketball Reference – Calculating Individual Offensive and Defensive Ratings (2021年1月3日閲覧)

関連記事

PPP(Points Per Possession)とは何か

2020.11.16

【はじめてのバスケ指標】FG%とは何か?

2020.05.26

NBAで最もドライブする選手は誰か?【2019-20シーズン】

2020.08.26

USG%で見るNBA全30球団のエースは誰か【2019-20シーズン】

2020.04.10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。