プレシーズンのスタッツから見るインディアナ・ペイサーズ

プレシーズンのスタッツから見るインディアナ・ペイサーズ

いよいよNBAの2020-21シーズンが始まりますね!

今回は私の好きなインディアナ・ペイサーズは、このオフにHCがネイト・マクミラン氏からネイト・ビョークグレン氏に代わりました。

そこで今回は、プレシーズンゲーム3試合のスタッツを見ながら、昨シーズンと比べてどう変わるのか予想したいと思います。


3PA

まずは、3PA(3ポイントシュート試投数)から見ていきます。

2019-20:1試合平均28本

2020-21(プレシーズン3試合):1試合平均42本

昨シーズン、ペイサーズは3ポイントシュートを1試合平均で28本打ちました。これはリーグで最下位の数字です。(昨シーズンの1位はヒューストン・ロケッツの1試合45.3本)

それがプレシーズンでは1試合平均42本まで上がっています。

今年は昨シーズンと比べても、積極的に3ポイントシュートを打っていくシーズンになることが予想されます。


USG%

次にUSG%を見ていきます。

USG%は、該当選手がコートにいる時、チームがどのくらいその選手にボールを集めてプレーしたのかを表している指標です。

USG%が一番高い選手が基本的に、そのチームのエースないしフィニッシャーになります。

ではペイサーズのUSG%を見ていきましょう。

過去2シーズンともペイサーズでUSG%が最も高かったのは、ビクター・オラディポ選手でした。

それがプレシーズンでは、ドマンタス・サボニス選手、マルコム・ブログドン選手に次ぐ3番手まで下がっています

プレシーズンのUSG%チームトップは、昨シーズン飛躍をとげたドマンタス・サボニス選手

ゴール下の強さに加え、パス能力も高いビッグマンに、チームがボールを集めていることが分かります。

オラディポ選手中心のチームからサボニス選手中心のチームへ変わろうとしている兆候が読み取れます。


+/-

+/-(プラスマイナス)は、該当するプレイヤーが試合に出ているときの得失点差を表した数値のことです。

昨シーズンのペイサーズは、セカンドユニットが優秀で、ダグ・マグダーモット選手が+1.5、アーロン・ホリデー選手が+1.7、TJ.マッコネル選手が+0.7と軒並み+/-で+の数値を叩きだしていました

それがプレシーズンゲームでは、セカンドユニットの+/-が3試合とも大幅にマイナス

カシアス・スタンリー選手が-11.3、ダグ・マグダーモット選手が-11.0、ゴガ・ビタッゼ選手が-16.0、TJ.マッコネル選手が-14.0、ジャレン・レキュー選手が-12.3と全員ひどかった(笑)

シュートが入らなかったですもんね。

マグダーモット選手やTJ.マッコネル選手は大事なプレイヤーなので、調子を取り戻してほしいなと思います。


TO

最後にTO(ターンオーバー)です。

昨シーズン、ペイサーズのTOは1試合平均13.2でした。

これはリーグでも5番目に良い数字でした。

それが今年のプレシーズンでは、1試合平均17と悪化しています。プレシーズン初戦とかひどかったですもんね。

ここもレギュラーシーズンまでに修正してほしい点ですね。

以上、プレシーズンのスタッツから見るインディアナ・ペイサーズでした。それではまた!

関連記事

インディアナ・ペイサーズのロースターが決定!【2020-21】

2020.12.09

FAになっていたジャスティン・ホリデー選手がペイサーズと3年1880万ドルで再契約

2020.11.21

ペイサーズ2019-20シーズン、選手の活躍度診断【総括】

2020.04.08

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。