島根スサノオマジックが名古屋ダイヤモンドドルフィンズに2連敗

島根スサノオマジックが名古屋ダイヤモンドドルフィンズに2連敗

試合レビュー

3ポイントシュート成功数17本

これが10月11日(日)、名古屋ダイヤモンドドルフィンズが島根戦でマークした記録である。

昨シーズン、最も1試合当たりの3ポイント成功数が多かった川崎ブレイブサンダースでさえ、1試合平均9.6本の3ポイント成功数だったことから考えても、この数字が如何に凄いかが分かるだろう。

インサイドにダブルチームに行くため、アウトサイドはローテ―ションで若干カバーが遅れるとはいえ、ここまで3ポイントシュートを成功させた名古屋は流石としか言いようがない。

安藤周人選手と斎藤拓実選手のバックコートデュオが3ポイントシュートに秀でていることは自明だが、この日はPFのジェフ・エアーズ選手も3ポイントシュートが好調。

ジェフ・エアーズ選手がマークした3ポイントシュート5本成功は、両チーム最多の3ポイント成功数だった。

ジェフ・エアーズ選手は、インサイド・アウトサイド問わず得点が取れ非常に強力なPFだ。

3ポイントシュートが打てるPFのことを「ストレッチ4」と表現するが、エアーズ選手はチームのオフェンスにバリエーションを与えるリーグ屈指のストレッチ4だと感じた。

島根はこれで2連敗。次戦は10/17(土)、敵地北海道でレバンガ北海道と対戦すr。

Today`s MVP:ジェフ・エアーズ選手

ジェフ・エアーズ選手

本日のMVPは、名古屋ダイヤモンドドルフィンズのジェフ・エアーズ選手

ストレッチ4として、チーム最多の5本の3ポイントシュート成功を含む20得点・12リバウンドのダブルダブルを達成した。

攻守にわたり活躍し、チームの勝利に貢献した。

Photo Garary

安藤周人選手
斎藤拓実選手
張本天傑選手
デモン・ブルックス選手
リード・トラビス選手
ルーク・エヴァンス選手
小阪彰久選手

杉浦佑成選手

関連記事

島根スサノオマジックが多用する4つのセットオフェンス

2020.10.06

ホーム開幕戦で名古屋ダイヤモンドドルフィンズと対戦。名古屋の選手層厚く、76-60で敗れる【島根スサノオマジック】

2020.10.10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。