NBAで最もドライブする選手は誰か?【2019-20シーズン】

NBAで最もドライブする選手は誰か?【2019-20シーズン】

ドリブルで相手ディフェンスを突破し、リムにアタックするドライブ

オフェンスシステムをしっかり構築しているNBAで、ドライブが多いということは、その選手が高いハンドリング力を持ち、ドライブからシュートないしアシストでチームに貢献できる力があることを意味している。

そのため、チームがスペースを空けて、ボールをその選手に多く預けているのだ

今回はそんなドライブをNBAで最も多くしている選手は誰なのか調べていく。


1位:ラッセル・ウェストブルック(HOU)

2019-20シーズン、NBAで一番ドライブを多くした選手はヒューストン・ロケッツのラッセル・ウェストブルック選手だ。

1試合当たりの平均ドライブ数は20.8

1試合当たりのドライブ数が20を超えた選手はウェストブルック選手を含めてNBA選手の中で2人しかいない

ウェストブルック選手は2016-17シーズンにサンダーでシーズントリプルダブルという偉業を達成し、MVPを受賞。

今シーズンからロケッツへ移籍し、ジェームズ・ハーデン選手とデュオを組み、平均27.2得点・7.0アシスト・7.9リバウンドをマークした。


2位:ルカ・ドンチッチ(DAL)

2019-20シーズン、1試合平均ドライブ数2位につけたのは、怪童ルカ・ドンチッチ選手だ。

1試合平均ドライブ数は、1位のウェストブルック選手と僅差の20.7だった。

マブスのオフェンスは、基本的にルカ・ドンチッチ選手から起点になっており、ドンチッチ選手がドライブ・スリー・パスすることから全てが始まる。

1試合平均20超えという驚異的な数字も納得だ。


3位:デマー・デローザン(SAS)・トレイ・ヤング(ATL)

1試合ドライブ数3位は、スパーズのエースであるデマー・デローザン選手とアトランタ・ホークスのトレイ・ヤング選手が同数で並んだ。

1試合平均ドライブ数は、平均19.8だ。

デローザン選手は、ドライブとペリメーターレンジのシュートを得意とするスコアラー。

今シーズンも平均22.1得点・5.6アシストと安定したスタッツを残した。



今シーズン、更なる飛躍のシーズンとなったトレイ・ヤング選手。

1試合平均29.6得点・9.3アシストと素晴らしいスタッツを残し、オールスターのスターターに選出。

チームがどのくらいその選手にボールを集めたかの指標であるUSG%では33.9%と30%超えをマーク。

孤軍奮闘で低迷するチームを引っ張った。


以下、2019-20シーズンで1試合当たりの平均ドライブ数が多いトップ10。

更に詳しく知りたい方は、NBA.comがおすすめ。

関連記事

USG%で見るNBA全30球団のエースは誰か【2019-20シーズン】

2020.04.10

【バスケ指標】NBAでよく見るUSG%(Usage Rate)ってどんな指標?

2020.01.17

Bリーグにおいて勝率と相関の強いStatsは何か

2018.01.08

バスケットボールの7つのセットオフェンス

2020.07.31

はじめてのドリブル ドライヴ モーション オフェンス【DDM】

2020.07.22

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。