はじめてのハンマーセット【バスケットボールのセットオフェンス】

はじめてのハンマーセット【バスケットボールのセットオフェンス】

今回は、ハンマーというバスケットのセットオフェンスを紹介します。

ハンマーは、名将グレッグ・ポポヴィッチ監督率いるスパーズがよく使うセットオフェンスです。

百聞は一見に如かずということで、まずはさっそくお手本を見てみましょう。



ハンマーのゴールは、ディフェンスのいないオープンな状況でコーナーからシュートを打てる状況を作り出すことです。

オープンな状況のコーナーからのシュートは、バスケットではレイアップに次いで良いシュートと言われています。

では、どうやってコーナーでオープンな状況を作り出すのか。ひとつひとつ見ていきましょう。

まず、ボールを持っているボールマンがベースラインに向かってドライブします。


次にボールマンのドライブに合わせて、シューターをコーナーでフリーにさせるためウィークサイドでバックスクリーンをします

ウィークサイド

ウィークサイドとは、ハーフコートを中心線で左右に分けたときの、ボールマンがいない側のコートのこと


ベースラインに向かってドライブしたボールマンは、逆サイドのコーナーでフリーになっているシューターに向かってパス。

この時のパスは、ワンハンドパスがおすすめです。

ボールマンからパスを受け取ったシューターは、そのままシュート。

これが「ハンマー」の流れです。


図示すると以下のようになります。

ハンマー

コーナーでオープンシュートを作り出したい時に、おすすめのムーブですので、ぜひ実践してみてください。

関連記事

はじめてのドリブル ドライヴ モーション オフェンス【DDM】

2020.07.22

バスケットボールの7つのセットオフェンス

2020.07.31

ボールスクリーンに対する5つの守り方【ディフェンス】

2020.05.16

高校時代に教えて貰いたかったスペーシングの話【バスケ】

2020.03.21

バスケットボールのハンドリングムーブまとめ

2020.08.01

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。