レバンガ北海道、最新戦力チェック【2020-21開幕前】

レバンガ北海道、最新戦力チェック【2020-21開幕前】

2020-21最新布陣

2020オフの動き

補強採点


魅力的なバックコート陣が完成した反面、フロントコート陣の戦力はダウン

昨シーズン、13勝27敗(勝率.325)と東地区6位に沈んだレバンガ北海道。

再起を図りたい来シーズンだが、来シーズンも厳しいシーズンになりそうだ

今オフの北海道は、チームの中心だったマーキース・カミングス選手マーク・トラソリーニ選手ケネディ・ミークス選手を相次いで放出。

来シーズンは、新加入のニック・メイヨ選手ジャワッド・ウィリアムズ選手、そして昨シーズンも北海道でプレーしたファイ・パプ月瑠選手のフロントコート陣になりそうだ。

ニック・メイヨ選手は、昨シーズン千葉ジェッツでプレーした23歳のセンターである。

運動量が多く、ペイントエリアで非常に力強いプレーができる選手であり、来シーズンの北海道の中心選手になりそうだ。

ウィリアムズ選手とファイ・パプ月瑠選手は、他クラブのPFと比較するとどうしても見劣りする。

彼ら二人の頑張りが、北海道の飛躍につながりそうだ。

戦力ダウンしたフロントコート陣に比べ、バックコート陣は魅力的な選手が集まった。

昨シーズンブレイクした中野司選手に加え、ベテランの橋本竜馬選手、得点力のあるPGである多嶋朝飛選手と再契約。

また外国籍選手枠に、PGのジョーダン・テイラー選手が新加入した。

ジョーダン・テイラー選手は、187cmのPG。

ドライブ・パス・アウトサイドシュートが優れているテイラー選手は、プレーメイカー兼スコアラーとして、チームに貢献してくれるはずだ。


また富山グラウジーズから新加入した葛原大智選手も将来性豊かな選手である。

魅力的なバックコート陣を活かすためにも、フロントコート陣がどこまで踏ん張れるかが北海道の課題になりそうだ。

入退団・再契約まとめ

新加入

再契約

退団

関連記事

アルバルク東京、最新戦力チェック【2020-21開幕前】

2020.07.28

千葉ジェッツ、最新戦力チェック【2020-21開幕前】

2020.07.31

サンロッカーズ渋谷、最新戦力チェック【2020-21開幕前】

2020.08.02

新潟アルビレックスBB、最新戦力チェック【2020-21開幕前】

2020.08.03

琉球ゴールデンキングス、最新戦力チェック【2020-21開幕前】

2020.07.29

関連書籍・グッズ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。