ペイサーズがシーディングゲーム3連勝。オーランド・マジックに120-109で勝利

ペイサーズがシーディングゲーム3連勝。オーランド・マジックに120-109で勝利

8月4日(火)、ペイサーズは同地区8位のオーランド・マジックと対戦し、120-109で勝利した。

ペイサーズはこれでシーディングゲーム(順位決定戦)3連勝。42勝26敗とし、同地区4位のヒートに1ゲーム差と迫っている。

ペイサーズは、次戦8月6日にフェニックス・サンズと対戦する


TJ.ウォーレン選手がゲームハイとなる32得点をマーク

TJ.ウォーレン選手が止まらない。

8月1日の76ers戦でキャリアハイとなる53得点をマークした後、続く3日のウィザース戦で34得点をマーク。

そして、本日のマジック戦でもゲームハイとなる32得点をマークした。

この3連戦でウォーレン選手は、119得点をマーク。これは、ジャメイン・オニール選手が持つペイサーズのフランチャイズ記録タイの素晴らしい記録である。


下のショートチャートを見ても、ウォーレン選手がペイントエリア、ペリメーター、3ポイントエリアいずれも万遍なく高確率で決めていることが分かる。

NBA.comより引用

3P%は80%(4/5)、FG%は76.5%(13/17)と非常に優れた得点効率で、まさに打てば入るといったゾーンに入っている。

スティールもチームハイの3本(オラディポ選手は2本)をマークし、攻守に渡ってチームを牽引した。

関連記事

T.J.ウォーレン選手の魅力【ペイサーズ】

2020.02.06

マルコム・ブログドンの魅力【ペイサーズ】

2019.12.01

ペイサーズ2019-20シーズン、選手の活躍度診断【総括】

2020.04.08

マルコム・ブログドン選手がかつての相棒アデトクンボ選手とバックスを離れ、ペイサーズに移籍したことについて語る

2020.02.15

ペイサーズとサンダー。オラディポ選手、サボニス選手とボール・ジョージ選手のトレードの勝者はどちらか

2020.03.24

関連書籍・グッズ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。