Bリーグ歴代3Pシュート成功数選手【2016-20】

Bリーグ歴代3Pシュート成功数選手【2016-20】

2016-17:ジュリアン・マブンガ(滋賀)

3ポイント成功数:153本(153/428) 3ポイント成功率:35.7%


Bリーグ初年度のNo.1、3Pシュート成功数選手は、ジュリアン・マブンガ選手(当時滋賀)だ。

3ポイント成功数は153本、3ポイント成功率は35.7%だった。

マブンガ選手は身長203cmのPF。

2018-19シーズンではアシスト王(平均8.5アシスト)にも輝いており、マルチな才能が光る選手だ。


2017-18:辻直人(川崎)

3ポイント成功数:145本(145/373) 3ポイント成功率:38.9%


2017-18シーズンのNo.1、3ポイントシュート成功数選手は、川崎ブレイブサンダースのエースである辻直人選手だ。

3ポイント成功数は145本、3ポイント成功率は38.9%だった。

辻選手は高確率の3ポイントシュートを武器に、日本代表にも複数回選ばれている選手である。


2018-19:安藤周人(名古屋D)

3ポイント成功数:165本(165/404) 3ポイント成功率:40.8%


2018-19シーズンのNo.1、3ポイントシュート成功数選手は、名古屋ダイヤモンドドルフィンズの安藤周人選手だ。

安藤選手は、高い得点能力とプレーメイク力を兼ね備えたポイントプロデューサー。

2018-19シーズンの3ポイント成功数は165本、3ポイント成功率は40.8%だった。


2019-20:ロバート・カーター(島根)

3ポイント成功数:96本(96/282) 3ポイント成功率:34.0%


2019-20シーズンのNo.1、3ポイントシュート成功数選手は、ロバート・カーター選手だ。

カーター選手は、3ポイントシュートも打てるストレッチ4

3ポイントシュートの他、力強いポストプレーやドライブも優れており、2019-20シーズンはリーグ5位となる平均21.2得点をマークした。

参考文献

Bリーグ公式サイト

関連記事

Bリーグ歴代新人王【2016-20】

2020.05.02

Bリーグ歴代得点王【2016-20】

2020.05.02

Bリーグ歴代ベスト3ポイント成功率賞【2016-20】

2020.05.05

はじめてのドリブル ドライヴ モーション オフェンス【DDM】

2020.07.22

ロバート・カーターJr.の魅力【横浜ビー・コルセアーズ】

2019.11.12

日本代表も経験した若きエース、安藤周人選手の魅力【名古屋ダイヤモンドドルフィンズ】

2020.01.23

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。