千葉ジェッツ、最新戦力チェック【2020-21開幕前】

千葉ジェッツ、最新戦力チェック【2020-21開幕前】

2020-21最新布陣

2020オフの動き

補強採点


オフシーズンの話題をさらった千葉ジェッツ

昨シーズン、28勝12敗(勝率.700)で、東地区3位だった千葉ジェッツ。

来季の地区分けで、昨シーズンの宇都宮、アルバルク東京、SR渋谷、秋田、北海道に加え、川崎、富山、新潟、横浜が東地区に組み分けられた。

まさに「群雄割拠」の用を呈する来シーズンの東地区を勝ち抜くため、千葉ジェッツは今オフ、大幅な補強を行った。

まずリーグトップクラスのPGである富樫勇樹選手と再契約を結んだ。

更に、ギャビン・エドワーズ選手田口成浩選手ジョシュ・ダンカン選手原修太選手コー・フリッピン選手ら昨シーズンの主力選手の引き留めに成功。

それに加えて、若くて運動量の多い佐藤卓磨選手セバスチャン・サイズ選手の獲得に成功した。

補強と世代交代、両方に成功したオフシーズンの千葉ジェッツは、オフシーズンの勝者と言えるだろう


長年千葉ジェッツに貢献した小野選手、マイケル・パーカー選手が他球団へ移籍

今オフの千葉ジェッツの動きの中で、大きいのは小野龍猛選手マイケル・パーカー選手が他球団へ移籍したことだろう。

小野選手・マイケル・パーカー選手とも長年千葉ジェッツに貢献した功労者。

小野選手は千葉で7年間プレー。

2016-17シーズンから2018-19シーズンまではチームのキャプテンを務め、92回・93回の天皇杯ではチームの優勝と共に、自身も大会ベスト5に選ばれている。

マイケル・パーカー選手は、3人しか成し遂げていない国内プロリーグ通算1万得点を達成するなど、数々の輝かしいキャリアを持っている偉大な選手。

39歳となる来シーズンだが、所属するチームが変わっても、まだまだプレーでチームを支えてくれるはずである。

小野選手は来シーズン、B1の信州ブレイブウォリアーズで、マイケル・パーカー選手はB2の群馬クレインサンダースへ期限付き移籍でプレーする。


若くて運動量の多い佐藤選手とセバスチャン・サイズ選手が加入

ベテランの小野選手とマイケル・パーカー選手の代わりに、新たに千葉ジェッツに加入したのが佐藤卓磨選手セバスチャン・サイズ選手だ。

佐藤選手は、197cmの長身にフィジカルの強さとスピードを兼ね備えたスモールフォワード。

ドライブにスリーポイントシュートなど、多彩なスキルセットで得点を取ることができ、昨シーズンは平均24分の出場で、平均7.1得点・3.7リバウンド・1.5アシストをマーク。

今年2月には、2021 FIBAアジアカップ予選Window1の男子日本代表強化合宿メンバーにも佐藤選手は選出されている。

セバスチャン・サイズ選手は昨シーズン、SR渋谷でプレー。出場した26試合全てスタメンで出場し、平均20.6得点・12.5リバウンド・1.1スティールをマークした。

205cm106kgと大柄ながら非常に運動量が多い選手であり、攻守に渡ってチームに貢献できる2ウェイプレイヤーである。

またリムプロテクターとしても優秀で昨シーズンは、平均1.3ブロックを記録している。

その他にも身長196cmでアジリティも高い赤穂雷太選手、SGの外国籍選手であるシャノン・ショーター選手が加入した。

佐藤卓磨選手


セバスチャン・サイズ選手


入退団・再契約まとめ

新加入

再契約

退団

関連記事

B1全20チーム移籍情報まとめ【Bリーグ2020-21】

2020.05.27

千葉ジェッツ入退団・移籍情報まとめ【2020-21】

2020.05.11

千葉ジェッツの2019-20シーズンを振り返る【Bリーグ通信簿】

2020.06.08

アルバルク東京、最新戦力チェック【2020-21開幕前】

2020.07.28

琉球ゴールデンキングス、最新戦力チェック【2020-21開幕前】

2020.07.29

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。