Bリーグ歴代ベスト6thマン賞【2016-21】

>> <<

Bリーグ歴代ベスト6thマン賞【2016-21】

2016-17:タイラー・ストーン(千葉ジェッツ)

所属チーム千葉ジェッツ
ポジションPF
生年月日1991年9月8日
身長/体重203cm/104kg
出身地アメリカ合衆国

タイラー・ストーン選手:2016-17シーズン成績

平均18.3得点・7.4リバウンド・2.3アシスト・1.0スティール

Bリーグ初代ベスト6thマン賞に輝いたのは、千葉ジェッツのタイラー・ストーン選手だ

平均18.3得点は、歴代のベスト6thマン賞を受賞した選手と比較しても頭一つ抜けた数字だ。

ストーン選手は豪快なダンクが魅力のPFで、スピードに優れた選手。3ポイントシュートも打てるなど、シュートレンジの広さも特長の一つだった。

2017-18:藤井 祐眞(川崎ブレイブサンダース)

所属チーム川崎ブレイブサンダース
ポジションPG/SG
生年月日1991年12月23日
身長/体重178cm/75kg
出身校拓殖大学

藤井祐眞選手:2017-18シーズン成績

平均8.6得点・2.4リバウンド・3.5アシスト・1.0スティール

2代目のベスト6thマン賞に選ばれたのは、川崎ブレイブサンダースの藤井祐眞選手だった。

藤井選手はPGとSGを兼ね備えるコンボガード。

広いシュートレンジと抜群のクイックネス、そしてガッツ溢れるプレースタイルが魅力の選手である。

2018-19:馬場雄大(アルバルク東京)

所属チームアルバルク東京
ポジションSF
生年月日1995年11月7日
身長/体重198cm/90kg
出身校筑波大学

馬場雄大選手:2018-19シーズン成績

平均10.7得点・3.7リバウンド・3.6アシスト・1.5スティール

2018-19シーズンのベスト6thマン賞を受賞したのは、前年度新人王に輝いた馬場雄大選手だった。

198cmと長身ながら、アジリティも優れており、平均10.7得点・3.7リバウンド・3.6アシストとマルチに活躍。

この翌シーズンに馬場選手は、NBAのサマーリーグに参加し、Gリーグに挑戦している。

2019-20:藤井祐眞(川崎ブレイブサンダース)

平均12.1得点・2.5リバウンド・5.0アシスト・1.2スティール

2019-20シーズンのベスト6thマン賞を受賞したのは、川崎ブレイブサンダースの藤井祐眞選手だった。

藤井選手は2017-18シーズンに続き、2回目のベスト6thマン賞の受賞だった

藤井選手はこの年、ベスト6thマン賞以外にも、ベストディフェンダー賞とレギュラーシーズンベスト5にも選ばれている。


2020-21:橋本拓哉(大阪エヴェッサ)

所属チーム大阪エヴェッサ
ポジションSG
生年月日1994年12月3日
身長/体重190cm/88kg
出身校芦屋大学


40試合・平均出場時間:29分35秒・平均13.4得点・2.1リバウンド・2.3アシスト・FG成功率:49.3%・3ポイント成功率:43.1%・フリースロー成功率:86.1%

2020-21シーズンのベスト6thマン賞を受賞したのは、大阪エヴェッサの橋本拓哉選手だ。

橋本拓哉選手は190cmのSG。

長身ながら、ハンドリング・シュート力・アジリティともに高く、2020-21シーズンは日本選手トップクラスの平均13.4得点をマークした。

参考文献

B.LEAGUE 2016-17シーズン 各賞発表のお知らせ

B.LEAGUE AWARD SHOW 2017-18

B.LEAGUE AWARD SHOW 2018-19

B.LEAGUE AWARD SHOW 2019-20

B.LEAGUE AWARD SHOW 2020-21 (2021年6月6日閲覧)

関連記事

Bリーグ歴代新人王【2016-21】

2020年5月2日

Bリーグ歴代得点王【2016-21】

2020年5月2日

Bリーグ歴代アシスト王【2016-21】

2020年5月3日

関連書籍・グッズ

>> <<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。