とうもろこし栽培観察日記

とうもろこし栽培観察日記

最近、農業に嵌まっています。面白いです。農業!

野菜作りってすごくクリエイティブですし、作った野菜が食べられるのがとても良いです。

一日1時間くらいは畑仕事しているんじゃないかな。

で、今何を作っているかと言うととうもろこしです!

何故とうもろこしかと言うと、連鎖障害を防ぐためです

同じ畑で同じ科の野菜を作り続けると、野菜の生育が悪くなったり、病気や害虫の被害がひどく出たりすることがあります。これが連鎖障害です。

とうもろこしには、この連鎖障害を軽減する働きがあるのです。またとうろもこしは、クリーニングクロップ(お掃除作物)ともいわれ、土の中の余分な肥料分も吸収します

そういうこともあって、今回はとうもろこしをチョイスしました。

草がボーボーの畑を開拓して、畝を立てて、肥料をかけて、とうもろこしの種を蒔いたのが1週間前。

とうもろこしは水が不足すると、実の品質が低下するらしいので、晴れた日は毎日水やりをしました。

1週間後。

とうもろこしの種、齢1週間を超えて完全に発芽する。

とうもろこしの芽

ポット植えや苗植えでなく、種の地植えだったので、発芽するかなと不安だったのですが、何かイケましたね(笑)

しかも意外と発芽率が良い!

後で間引かないといけないなと思うほどです。とうもろこしの成長が毎日楽しみです。

また今日はとうもろこしに続いて、第二陣となるさつまいも栽培予定地の畝を立てました

安納芋、育てたいなあって今考えています。

さつまいもの他にも、カリフラワーとイタリアンパセリの栽培計画があり、淡々と計画を進めていきたいと思います。

イタリアンパセリを使ったアクアパッツァを作りたいがために、イタリアンパセリを育てるという

上手く育つかどうかは分からないですけど、とりあえず種を蒔いてみたいと思います。

収穫ができたら良いなあ。今から楽しみです。

今回はこの辺で。それではまた!

関連記事

とうもろこし栽培観察日記②

2020.05.26

そうだ!山に栗を植えよう!【自給自足】

2020.04.11

ブログでPV数を増やしていくのは、野菜作りに似ている

2020.04.25

伸び悩んだ時に知りたい2つの言葉。「桃栗3年柿8年」と「プラトー現象」

2020.04.13

落合陽一さんのデジタルとアナログの話について

2020.04.25

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。