Bリーグ歴代アシスト王【2016-21】

>> <<

Bリーグ歴代アシスト王【2016-21】

2016-17:宇都直輝(富山グラウジーズ)

所属チーム富山グラウジーズ
ポジションPG
生年月日1991年6月11日
身長/体重191cm/80kg
出身校専修大学

宇都直輝選手:2016-17シーズン成績

平均9.5得点・4.0リバウンド・4.3アシスト・1.2スティール

Bリーグの初代アシスト王に輝いたのは、富山グラウジーズのエースポイントガードである宇都直輝選手だった。

宇都選手は191cmの長身PGで、スピードと高さを併せ持つ選手。

ドライブからペリメーターやペイントエリアでゴールを奪い、ディフェンスがヘルプに来た時にフリーになった味方にパスをしてアシストを量産する。

2017-18:宇都直輝(富山グラウジーズ)


宇都直輝選手:2017-18シーズン成績

平均17.0得点・4.7リバウンド・7.7アシスト・1.2スティール

2年連続2回目のアシスト王に輝いた宇都直輝選手

平均アシスト数は、アシスト王を受賞した前年を大きく上回る7.7アシストをマークした。

2018-19:ジュリアン・マブンガ(京都ハンナリーズ)

所属チーム京都ハンナリーズ
ポジションPF
生年月日1990年1月24日
身長/体重203cm/106kg
出身校マイアミ大学

ジュリアス・マブンガ選手:2018-19シーズン成績

平均21.6得点・8.7リバウンド・8.5アシスト・1.0スティール

2018-19シーズンのアシスト王に輝いたのは、京都ハンナリーズのジュリアス・マブンガ選手だ。

フロントコートの選手がアシスト王を受賞する珍しい例となった

2019-20:富樫勇樹(千葉ジェッツ)

所属チーム千葉ジェッツ
ポジションPG
生年月日1993年7月30日
身長/体重167m/65kg
出身校モントロス・クリスチャン高校

富樫勇樹選手:2019-20シーズン成績

平均14.4得点・2.4リバウンド・6.5アシスト・0.7スティール

Bリーグ4年目となった2019-20シーズン。このシーズンにアシスト王を受賞したのが、Bリーグ屈指のPGである富樫勇樹選手だ。

抜群のクイックネスに、的確なシュートムーブ、そして多彩なドリブルムーブなど豊富なスキルセットを用いて、相手を翻弄し、味方の得点機会を創出する。

2019-20シーズンでは、Bリーグで日本人初となる1億円プレイヤーとなった。


2020-21:ジュリアン・マブンガ選手(富山グラウジーズ)


ジュリアン・マブンガ選手:2020-21シーズン成績

53試合 平均20.7得点・7.3リバウンド・7.4アシスト・FG成功率:46.5%・3ポイント成功率:36.8%・FT成功率:69.2%

2年ぶり自身2度目のアシスト王を受賞したジュリアン・マブンガ選手

この年から、マブンガ選手は京都から富山へ移籍。

新天地でもオールラウンダーとして活躍し、1シーズンで7度のトリプルダブルを達成(自身が持つBリーグ記録)した。

参考文献

Bリーグ公式サイト(2020年5月3日閲覧)

Bリーグ公式サイト – 宇都直輝 (2020年5月3日閲覧)

Bリーグ公式サイト – ジュリアン・マブンガ(2020年5月3日閲覧)

Bリーグ公式サイト – 富樫勇樹(2020年5月3日閲覧)

B.LEAGUE 2020-21シーズン B1リーグ戦最終順位・リーダーズ決定のお知らせ ~5月14日(金)から「B.LEAGUE CHAMPIONSHIP 2020-21」開幕!~(2021年5月11日閲覧)

関連記事

Bリーグ歴代得点王【2016-21】

2020年5月2日

Bリーグ歴代新人王【2016-21】

2020年5月2日

河村勇輝選手の魅力【東海大学】

2020年4月12日

B.LEAGUEにおいて今シーズン、最も成長した選手は誰か?【2019-20】【MIP】

2020年3月29日

【Bリーグ】高校生でBリーグデビューした選手まとめ

2020年1月20日

寺嶋良選手の魅力【京都ハンナリーズ】

2020年1月29日
>> <<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。