【バスケ指標】NBAでよく見るTS%ってどんな指標?

NBAでよく見るTS%ってどんな指標?

今回紹介するバスケの指標は、TS%です。

TS%は、True shooting percentageの訳で、選手のシュートの効率度を計るための指標になっています。

TS%は、FG%やFT%、3P%を個別に計算するよりも、選手のシュート能力を正確に測ることができます

計算式は以下の通り。

すいかばくん
あれ?TS%はFG%や3P%を個別に計算するよりも選手のシュート能力を正確に測ることができるって書いてあるけど、TS%の計算式には3P%が入ってないよ?

よく気づきました!実は、FG%は2Pシュートと3Pシュートを合わせたシュート成功率なんです。

TS%の計算式にあるFGA(FG試投数)には、2Pシュートと3Pシュートの試投数が含まれているんです。

TS%の計算式には、FGA (FG試投数)の他にFTA(フリースロー試投数)も含まれています。そのため、FG%やFT%、3P%を個別に計算するよりも、選手のシュート能力を正確に測ることができるのです。

TS%の課題点

そんなTS%も課題があります。

それはFTAに掛けられている係数0.44です。この係数0.44は、NBAの2ポイント時にもらったフリースロー試投数、3ポイント時にもらったフリースロー試投数、そしてアンド1(バスケットボールカウント)時のフリースロー試投数の比率に関連しています。

すべてのフリースロー試投数が2ポイント時にもらった時のフリースローだった場合、係数は0.5。すべてのフリースロー試投数が3ポイント時にもらった時のフリースローだった場合、係数は0.333。 すべてのフリースロー試投数がアンド1のフリースローだった場合、係数は0に変化します。

そう、異なる時代、異なるリーグでは、このFTAの係数は変化しなければならないのです

つまり、リーグを跨いだり、時代を跨いだりして、このTS%で選手を比較することはできないのです。

すいかばくん
選手の比較には不向きなスタッツなんだね

参考文献

Basketball Reference – Glossary(2020年4月19日閲覧)

Wikipedia – True shooting percentage (2020年4月19日閲覧)

TEAMRANKINGS – NBA Basketball Player Stats – True Shooting Percentage(2020年4月22日閲覧)

関連記事

【バスケ指標】NBAでよくみるオフェンシブレーティング(Offensive rating)とは何か?

2020.01.22

【バスケ指標】NBAでよく見るUSG%(Usage Rate)ってどんな指標?

2020.01.17

USG%で見るNBA全30球団のエースは誰か【2019-20シーズン】

2020.04.10

【バスケ指標】NBAの記事でよく見るWARPとは何か

2019.10.23

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。