B.LEAGUEにおいて今シーズン、最も成長した選手は誰か?【2019-20】【MIP】

B.LEAGUEにおいて今シーズン、最も成長した選手は誰か?

MIPという賞をご存じでしょうか。

MIPはNBAの賞の一つで、前年と比べてその年に最も成長した選手に贈られる賞です。

ちなみにMIPは、Most Improve Player(最成長選手)の略です。

そんなMIPなのですが、日本のプロバスケリーグであるBリーグにはないんですよね。

なので今回、筆者の私が独断と偏見で、2019-20シーズンのBリーグにおけるMIP(最成長選手賞)を決めちゃいたいと思います。

選考基準は、以下の3つです。

選考基準

①Bリーグで2年以上プレーしていること(特別指定選手契約の選手も含む)

②日本国籍の選手であること。

③B1チームに所属している選手であること。

2019-20シーズンMIP候補者

では、2019-20シーズンのMIP候補者を見ていきます。私が今年、ノミネートした選手は以下の4名です。

名前所属チームポジション年齢
前田悟富山グラウジーズSF22歳
橋本拓哉大阪エヴェッサSG25歳
今村佳太新潟アルビレックスBBSG/SF24歳
斎藤拓実滋賀レイクスターズPG24歳

一人ひとり、じっくり見ていきましょう。

前田悟(富山グラウジーズ)

まず、一人目が富山の前田悟選手。

前田選手は一見すると凄く地味な選手なんですよね。身体能力が高いわけでもなく、華があるプレイヤーでもないです。

でも、めちゃくちゃ点を取ります。ペリメーターエリアからのプルアップジャンパーは精度が高いですし、ペイントエリアでも粘っこくリムにアタックします。

今シーズンの平均得点11.5点は、日本人トップクラスです。

橋本拓哉(大阪エヴェッサ)

圧倒的な身体能力と正確なアウトサイドシュート力を兼ね備えている橋本拓哉選手。

初めて見たときは、今Gリーグで活躍している馬場雄大選手と同じくらいの衝撃を受けました。

ダンクがめっちゃカッコいい。

今村佳太(新潟アルビレックスBB)

その風貌から、今村選手のことを私は「和製ベン・シモンズ」と呼んでいます。

ポジションはSG/SFとなっていますが、試合ではPGもこなすこともあり、そういう所もシモンズと似ています。

バスケIQは新潟の中では図抜けていますね。

フローター、フェイダウェイ、プルアップジャンパー、3Pと多彩なシュートムーブを持っており、今シーズンの平均得点は10.9得点と自身初となる二桁得点をマークしました。

ガードナー選手が抜け、今シーズンの新潟は今村選手が中心のチームという感じでした。

斎藤拓実(滋賀レイクスターズ)

身長171cmとBリーグの中でもかなり小柄な選手なのですが、今シーズン平均13.0得点をマークしている斎藤拓実選手。

ハンドリング、パス、シュートとそのどれもが高いレベルでプレーができるポイントガードです。

3P%の42.9%も去ることながら、平均5.4のアシスト数も見逃せず、パサーとしても優秀な選手です。

雑誌『Dunk shot』の中で、ジェフ・レンチナー氏は、ボストン・セルティックスのポイントガードであるケンバ・ウォーカー選手のことを「ポイントプロデューサー」と表現していますが、斎藤選手はまさにBリーグにおけるポイントプロデューサーですね。

2019-20シーズンのMIPは…

それでは、今シーズンの私が選ぶMIPを発表したいと思います。

2019-20シーズンのMIPは、斎藤拓実選手です!!!

おめでとうございます。

下の表は、昨シーズンと今シーズンの各種スタッツの対比なのですが、本当に今シーズンの活躍ぶりはすばらしかったです。

来期も期待しています。

2018-192019-20
平均得点3.613.0
平均リバウンド数1.02.5
平均アシスト数2.05.4
平均スティール数0.51.1
FG%47.6%48.9%
3P%29.6%42.9%

関連記事

【Bリーグ】注目の若手選手(2019-20)

2020.01.01

【Bリーグ】高校生の時点でBリーグデビューした選手まとめ

2020.01.20

Bリーグで総年棒が最も高いクラブはどこなのか?【2018-19シーズン】

2020.02.16

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。