英語構文の理解に最適な参考書。英語リーディング教本のすすめ

どうも、こんにちは。ひさもとです。今回は大学受験で使える、英語構文を身に付けるための最高の一冊をご紹介します。

その名も『英語リーディング教本 (薬袋善郎 研究社 2000年)』です。

この本のおかげで早稲田大学に合格できたといっても過言ではありません。同じくこの本を使っていた大学の友人が

この本で勉強していない人はどうやって英語を理解しているのか分からない

と語っていたのですが、私も全く同じ意見です。

この本で勉強する前と後で、そのくらいのパラダイムシフトが起こります。凄すぎて、高校時代は友達にも教えなかったくらいです。

英語構文が理解できていなかった私

『英語リーディング』で勉強する前の私は、英語構文というのがそもそも理解できていませんでした。

文法問題をゴリゴリ解き、英語の教科書を音読して、文法の例文を暗記するという勉強をしていました。

英語の文章を読んでいても、暗記している(構造が分かりやすい)文は理解できても、意味上の主語や名詞節や形容詞節、副詞節などの従属節のような複雑な文は理解できない状況でした。

今ならどこが分からなかったか分かりますが、当時はまさに暗中模索でした。しかも勉強しても勉強しても、テストの点数が上がらなかったので苦しい状況でした

例えば、意味上の主語では高校の時の私はこういう理解でした。

It is difficult for me to understand English.

この有名な <It is+ 形容詞+for+人+to不定詞 .> の文章で、for me が意味上の主語ということは理解していました。

しかし、

He objected to Mr. Tanaka(‘s) joining our party.

こういう文では、動名詞 joiningの前に何故Mr.tanakaがあるのか分かっていませんでした。

当時の私は、動名詞や過去分詞形、不定詞などいわゆる準動詞(構造上の主語を伴わないので文は作れないが、その代わり名詞・形容詞・副詞の働きを兼ねる動詞)には、必ず意味上の主語があることを正確に理解していなかったのです

ちなみにMr.Tanakaはjoiningの意味上の主語です。

従属節でも同様です。

Judging from what I hear going on around me, youngsters still do the same thing.

この文ではwhat節がなぜfromの下に来れるのか分かっていませんでした。『英語リーディング教本』で勉強した今なら分かります。このwhat節は名詞節として使われており、前置詞fromの目的語であることを。

『英語リーディング教本』を使って勉強したあとは、英文がほんとに構造的に読めるようになります。正直、受験において他の受験生と比べて大きなアドバンテージを手に入れることが出来ます。

『英語リーディング教本』の勉強法

ただし、完璧に見える『英語リーディング教本』にも弱点があります。それは、難しすぎることです

書いてある内容ははっきり言って難しいです。ですが、全部読む必要はありません。大事なところはP.140~P.180の40PとP.289~P.291の3Pにすべて書いてあります。

これを暗記するだけです

これを暗記するだけで、早稲田大学でも通用する英語力が手に入ります。受験において大きなアドバンテージを手に入れることが出来るわけです。

大事なことなので繰り返します。

P.140~P.180の40PとP.289~P.291の3Pを暗記すれば、あなたは英文を見ただけで構造が理解できるようになり、すらすら読めるようになります

もうやるしかないです(笑)

ボキャブラリーの重要性

私は高校2年生の夏くらいに『英語リーディング教本』を暗記し終えたのですが、その後も偏差値60くらいをうろうろするだけでした。

今になって思うのですが、当時は語彙力が圧倒的に不足してたんですよね

高校3年の夏まで、私は『合格英単語600( 受験情報研究会 ごま書房新社 )』という600単語しか勉強していなかったからです。

この本は英語を勉強するビキナーの導入本としてはいいのですが、早慶を目指す人にとってボキャブラリーが少なすぎました

高3の夏から『システム英単語  (刀祢 雅彦   駿台文庫  2011年)』で足りないボキャブラリーで語彙を増やすようにしました。

語彙力が増えてから、ようやく英語の成績が伸び始めるようになりました。『英語リーディング教本』で英語構文を理解するのと同時に、ボキャブラリーを増やす勉強をするとグッドだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です