フィリピンで海外キャッシングが出来ず死にそうになった話

フィリピンに行ってきました。海外旅行も今回で3回目で、海外に行くのも割と慣れてきました。でも慣れたときが油断しているので一番危険です。今回の件でそれを身に染みて感じました。タイトルの通り、フィリピンで海外キャッシングができず死にそうになった話です。

今回あまり現金を持たずにフィリピンへ旅立ちました。なぜなら空港の両替所では、レートが高く損だと思ったからです。またフィリピンのATMで、クレジットカードを使ってキャッシングできるだろうと考えたのも理由の一つです。

キャッシングとは

キャッシングとは、クレジットカードに付いている現金を借りられる機能のことです。借入限度額は数万円から数十万円と少ないことが多い小口融資です。 

財布の中が残り300ペソ(約600円)くらいになったとき、ATMでキャッシングしてお金を手に入れに行きました。

さっそくATMを見つけました。試してみましょう。

WITHDRAW(引き出し)を選択

キャッシングをするためにCREDIT CARDを選択。日本で使うようなキャッシュカードは海外では使えないので、SAVING(普通預金口座)は利用できません。ここで選択してもトランザクション処理中にエラーが起こるだけです。

注意

ただし、国際キャッシュカードでは海外のATMでも利用できます

・・・出来ない。え、なんでなん??海外のATMなんて初めて触ったひとなので、この時は本当に焦りました。怖くなったのですぐさま寮に戻って体制を立て直しました。それで冷静になって考えてみたんですが、ある単純なことに気付きました。それはキャッシング枠を作ってなかったことです。

大事なことなので2回言いますよ。キャッシング枠を作ってなかったことです!

アホですよね。めっちゃ笑いました。キャッシング枠を作ってなかったら、キャッシングは当然できません。しかし、理由が分かったのは良いものの300ペソ(約600円)しかない事実は変わりません。どうしたら良いものか。フィリピンってクレジットカードが使えるお店が少ないんですよ。大型ショッピングモールはクレジットカードが使えるのですが、コンビニやファストフード店(マクドナルドやケンタッキーなど)では使えないんです。それもあってかなりシビアな状況に置かれてしまいました。(自分のせいですが)

最初は断食をしようかなと思いました。ただ帰国まであと20日近くあったので、帰国する前まで果たして生きていられるかどうか・・・。当面は一日一袋のポテトチップスで糊口をしのぎつつ、大型ショッピングモールに行くタイミングでクレジットカードを切って食料と現金を増やして生きていました。今年一番、生き延びるためだけに神経を研ぎ澄ましていました(アホ)。

一番役に立ったのは海外送金です。下のサイトが役に立ちました。

親に泣きついて送ってもらいました。自分はWestern Unionを利用しました。手数料は1,500円かかりましたが、Western Unionの店舗も住んでる寮から5分くらいのところにありましたし、何より無事にお金を受け取ることが出来たのでおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。