慶應高v.s東海大相模~2018年北神奈川大会準決勝~

>> <<

慶應対東海大相模の試合を観に行きました。東海大相模の先発は斎藤投手、慶應義塾高は生井投手と両校エースが先発で出てきました。

平日にも関わらず、内野席はほぼ満席でした!さすが両チームとも人気校なだけありました。

宮尾将選手(慶應)

慶應高校の不動のショートストップ。守備範囲の広さとシェアなバッティングが魅力な選手です。力強さが物足りないので、今後ビルドアップしてスイングに力強さが出て来ると更に面白くなりそうです。

斎藤礼二選手(東海大相模)

東海大相模のエース斎藤選手。2回にライナーが身体に当たり、一時ベンチに戻るアクシデントがありました。4回に崩れ、3回2/3を投げ6失点(自責点5)でした。慶應高にワンチャンスをものにされました。

生井惇己選手(慶應)

9回途中4失点の好投でした。初回観た感じだと、もう少し早い回で降りるかなと予想していました。回が進むにつれて、良くなっていきました。捕手の善波選手の息がぴったりでしたね。

諸隈惟大選手(東海大相模)

1年生ながら、東海大相模で夏の大会に登板したスーパールーキー諸隈選手。U-15にも選ばれた実績をもっています。ドラフト候補と言うにはまだまだ物足りないですが、これからもっともっと伸びてほしい選手です。

森下翔太選手(東海大相模)

この日は1安打1死球でした。正直に言うと、打撃が物足りないかなと感じました。ドラフトにかかるかどうか正直分かりません。脚は速かったです。

善波力選手(慶應高)

善波選手は初めて知ったのですが、良い選手ですね。守備ではフレーミングやブロッキングに上手さがあります。打撃でも間の取り方が良いですね。明大の善波監督の息子さんらしいです。これからビルドアップして身体が大きくなったら、もっとスイングに力強さが生まれてくると思います。まだ2年生らしいので、来年も観てみたい選手のひとりです。

東海大相模の「江南スタイル」初めて聴いた応援歌ですが、めっちゃかっこよかったです。

試合は7-4で慶応高校が勝ちました。

>> <<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。