島根がリーグ2番目の早さで30勝に到達!

>> <<

島根がリーグ2番目の早さで30勝に到達!

RECAP

リーグ2番目の早さで30勝に到達!

島根スサノオマジックがリーグ2番目の早さでシーズン30勝に到達した。

2度目のB1昇格となった2年前。シーズンを通して、11勝しかできなかった頃には想像できない躍進ぶりである。

前半が終了し、36-49と10点以上のビハインドで折り返した本日の富山戦。

前半16点をマークした富山のジョシュア・スミス選手を後半2得点に抑えた島根は、徐々に点差を詰めていった。

4Qには10-0のランを作ることに成功し、逆転。最終的に87-76で勝利した

この試合、島根のペリン・ビュフォード選手が2試合連続となるトリプルダブルを達成した。

島根はこれで3連勝

次戦は3月23日(水)、敵地で東地区11位の新潟アルビレックスBBと対戦する。


3月のペリン・ビュフォード選手がすごい!

3月のペリン・ペリンビュフォード選手がすごい。

3月はここまで8試合に出場し、平均23.5得点・9.5リバウンド・7.8アシストをマーク。

トラビス選手、金丸選手を怪我で欠く苦しいチーム状況の中、6勝2敗とチームに貯金をもたらしている。

3月11日の琉球戦で自身キャリアハイとなる32得点をマークすると、3月16日の滋賀戦ではそれを更に上回る34得点を記録した。

3月19日から始まった富山2連戦では、2試合続けてトリプルダブルを達成

3月に予定されている島根の試合は残り3試合。

残り試合の出来次第では、自身初となる月間MVPも見えてくる。


スタッツで比較する島根富山Game2

シュート効率で富山を上回った島根。

リバウンド数も島根に軍配。

ペイントエリアでの得点は宇都選手やジョシュア・スミス選手の活躍もあり、富山が上回りましたな。

2ndチャンスからの得点は島根に軍配。

速攻からの得点がわずか10得点だった島根。

最近、島根の速攻からの得点が減ってきつつある気がしますな。

>> <<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。