【Bリーグ】25歳以下の若手選手ランキング【2021-22】

>> <<

【Bリーグ】25歳以下の若手選手ランキング【2021-22】

1位~10位

1位:岡田侑大選手(信州ブレイブウォリアーズ)

ポジションPG/SG
生年月日1998年6月10日
身長/体重189cm/80cm
出身校拓殖大学


現在、25歳以下の若手ランキングでトップに位置しているのは信州ブレイブウォリアーズの岡田侑大選手だ。

岡田選手は2018-19シーズンの新人王

日本人No.1スコアラーであり、1月23日現在で日本人トップとなる平均17.2得点をマークしている。

スコアラーとしてだけでなく、プレーメイク力も高いのが岡田選手の特長。

ディフェンスも年々向上し、日本代表候補にも選ばれている。


2位:ニック・メイヨ選手(広島ドラゴンフライズ)

ポジションPF/C
生年月日1997年8月18日
身長/体重206cm/113kg
出身校イースタンケンタッキー大学


ニック・メイヨ選手は、リーグ屈指のビッグマンだ。

206cmと大柄ながら、機動力が高く、ペイントエリア・ペリメーター・3ポイントシュートと幅広いところから高確率で得点が取れるフィニッシャーでもある。

昨季はレバンガ北海道でプレーし、平均21.5得点をマーク。自身初の得点王にも輝いている。


3位:ジョン・ムーニー(千葉ジェッツ)

ポジションPF/C
生年月日1998年3月20日
身長/体重206cm/111kg
出身校ノートルダム大学

3位には、強豪千葉ジェッツのビッグマンであるジョン・ムーニー選手が選ばれた。

ムーニー選手は、高いリバウンド力とフィジカルが魅力の若手ビッグマン。

昨季はオーストラリアNBLのパース・ワイルドキャッツでプレーし、オールNBL1stチームにも選ばれている。

今季はここまで(1月23日現在)、平均15.5得点・11.3リバウンドをマーク。

12月11日の三遠戦では、28得点・20リバウンドをマークするなど、怪物スタッツを叩き出した。


4位:西田優大(シーホース三河)

ポジションSG
生年月日1999年3月13日
身長/体重190cm/90kg
出身校東海大学

西田優大選手は、190cmの身長と足を活かした高いディフェンス能力が光るSG

1月2日の京都戦では27得点をマークするなど、オフェンス力も目を見張るものがある。

3ポイントシュートの成功率が低く、ここの課題が改善されれば、更に上の選手になれそうだ。


5位:シェーファーアヴィ幸樹(シーホース三河)

ポジションPF/C
生年月日1998年1月28日
身長/体重206cm/106kg
出身校ジョージア工科大学

シェーファーアヴィ幸樹選手は、206cm106kgと非常に体格が恵まれたビッグマン。

豪快なダンクと3ポイントシュートが魅力のストレッチ5であり、日本代表にも選ばれている。

ただフィジカルが弱く、外国籍センターに押し負けるシーンがよく見られ、ここのあたりに課題が残る。


6位:小酒部泰暉(アルバルク東京)

ポジションSG
生年月日1998年7月15日
身長/体重187cm/88kg
出身校神奈川大学

小酒部泰暉選手は、高い得点能力が光るアルバルク東京の若きスコアラー。

シュートクリエイト力が高く、昨季は平均7.7得点をマークし、新人ベスト5を受賞した。

ハンドラーとしても活躍するなど多彩な活躍を見せる一方で、シュート効率は低く、課題が残る。


7位:寺嶋良(広島ドラゴンフライズ)

ポジションPG
生年月日1997年10月23日
身長/体重179cm/77kg
出身校東海大学


寺嶋良選手は、抜群のスピードが魅力のPG。

昨季は平均8.1得点・3.2アシストをマークし、新人ベスト5を受賞した。

今季は3ポイントシュートが向上し、隙がない選手になりつつある。


8位:角野亮伍(シーホース三河)

ポジションSG
生年月日1996年6月14日
身長/体重192cm/90kg
出身校サザンニューハンプシャー大学

角野亮伍選手は、1996年を代表するスコアラー。

192cmの長身ながら、ハンドリング、アウトサイドシュート力が高い点が魅力な選手である。

特にペリメーターでのプルアップジャンパーを得意としており、非常に止めるのが難しい技となっている。


9位:熊谷航(信州ブレイブウォリアーズ)

ポジションPG
生年月日1996年5月7日
身長/体重173cm/70kg
出身校大東文化大学

熊谷航選手は、高いハンドリング技術とシュート力が魅力のPG。

大学3年次には大東文化大学を全日本大学バスケ選手権優勝に導くなど、1996年代を代表するPGである。

今季、シーホース三河から信州ブレイブウォリアーズへ移籍し、ブレイク。

ここまで(1月23日現在)、平均8.9得点・4.3アシストをマークし、チームを牽引している。


10位:サーディ・ラベナ(三遠ネオフェニックス)

ポジションSG
生年月日1996年12月17日
身長/体重189cm/93kg
出身校アテネオ・デ・マニラ大学

サーディ・ラベナ選手は、高い身体能力が光るスラッシャー。

豪快なダンクと広いシュートレンジを持っているが、シュート効率が低いのが玉に瑕。

11位~20位

11位:前田悟(川崎ブレイブサンダース)

2019-20シーズンの新人王。3ポイントシュートと粘り強くリングにアタックする姿勢が魅力の選手。



12位:テーブス海(宇都宮ブレックス)

2020-21シーズンの新人王。高い身体能力とパスセンスが光る若手PG。



13位:前田怜緒(信州ブレイブウォリアーズ)

191cmのスウィングマン。オールラウンドにこなせるオフェンス力と高いディフェンス力を併せ持つ2wayプレイヤー。

端正な顔に似合わない粘り強いディフェンスが特長の選手である。



14位:アイザイア・マーフィー(広島ドラゴンフライズ)

高い身体能力を活かしたオフェンス力が魅力。SFとしてはフィジカルが弱く、ディフェンス力には課題が残る。



15位:河村勇輝選手(横浜ビー・コルセアーズ)

リーグトップクラスのクイックネスと高いハンドリング、広いコートビジョンを活かしたパスセンスが光る有望株。

高校時代は福岡第一でウィンターカップ三連覇の中心選手として活躍。

1月23日の秋田戦でキャリアハイとなる26得点・9アシストをマークし、チームの勝利に大きく貢献した。



16位:山口颯斗(レバンガ北海道)

北海道の若きエースとして活躍するスウィングマン。194cmと長身ながら、ハンドラーとしてもプレーできるところが魅力。シュート効率の低さが玉に瑕。



17位:細川一輝(京都ハンナリーズ)

高い3ポイントシュート力が魅力のSG。


18位:納見悠仁(新潟アルビレックスBB)

高いディフェンス力が魅力のコンボガード。年々3ポイントシュートとプレーメイク力が向上中。


19位:コー・フリッピン(琉球ゴールデンキングス)

高い身体能力とディフェンス能力が魅力のコンボガード。



20位:大倉颯太(千葉ジェッツ)

世代トップをひた走るスコアリングPG。常勝東海大学のエースとして活躍。ACLの大怪我から復帰を果たせるか注目が集まる。


関連記事

Bリーグ歴代タイトルまとめ

2022年1月13日

>> <<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。