島根が信州に71-62で勝利!連敗を4で止める!

島根が信州に71-62で勝利!連敗を4で止める!

RECAP

島根が信州に勝利!連敗を4で止める

4連敗中の島根は、西地区6位の信州ブレイブウォリアーズと対戦した。

前日敗戦しているだけに、是が非でも勝ちたい島根だったが、1Qは17-25と苦しい立ち上がり

それでも徐々に点差を詰めていくと、3Qには同点にし、ゲームを再び振り出しに戻した。

試合を通して苦しい時間が多かったこの試合だが、4Qのクラッチタイムで白濱僚佑選手の3ポイントシュートで逆転すると、そのまま逃げ切り、最終的に71-62で島根が勝利した

島根はクラブ初となるB1での20勝を達成

次戦は、4月14日(水)アウェイで名古屋ダイヤモンドドルフィンズと対戦する。


スタッツで比較する島根信州戦 Game2

スタッツでこの試合を振り返ろう。

まず見てほしいのが、2nd Chance Pointsである。

この試合、島根のセカンドチャンスでの得点が14得点に対し、信州は2得点

島根のセカンドチャンスでの得点数の多さが光った試合となった。

FG%では信州の方が島根より上回ったが、島根はトータルリバウンド数で信州に10以上上回っていたのが大きかった。

特にオフェンスリバウンドでは信州が8に対し、島根は17

この差がシュート試投数にも影響した。

信州のシュート試投数が52本に対し島根は61本と、信州より10本近く多くシュートを打つことにつながった

Today`s MVP:デモン・ブルックス選手

今日のMVPは、デモン・ブルックス選手

FG%は35%と低調だったものの、フリースローでは14/16と87.5%の高確率でシュートを成功させた。

最終的に、ゲームハイとなる29得点をマーク。

加えて10リバウンドも記録し、ダブルダブルを達成し、島根の勝利に大きく貢献した。


関連記事

ペリン・ビュフォード選手の魅力【島根スサノオマジック】

2020.07.23

デモン・ブルックス選手の魅力【島根スサノオマジック】

2020.07.06

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。