B2歴代得点王【2016-20】

B2歴代得点王【2016-20】

2016-17:チェハーレス・タプスコット(香川ファイブアローズ)

所属チーム香川ファイブアローズ
ポジションPF
生年月日1990年7月12日
身長/体重195cm/95kg
出身地アメリカ合衆国

初受賞

2016-17シーズン成績

59試合 平均19.5得点・9.3リバウンド・3.2アシスト・1.8スティール・FG成功率:45.1%・3ポイント成功率:30.9%・フリースロー成功率:71.6%


2017-18:チェハーレス・タプスコット (愛媛オレンジバイキングス)

2年連続2度目

2017-18シーズン成績

60試合 平均22.1得点・9.3リバウンド・4.1アシスト・FG成功率:49.2%・3ポイント成功率:31.7%・フリースロー成功率:79.2%


2018-19: トーマス・ケネディ(群馬クレインサンダーズ)

所属チーム群馬クレインサンダーズ
ポジションSF/PF
生年月日1987年5月17日
身長/体重201cm/95kg
出身地アメリカ合衆国

初受賞

2018-19シーズン成績

60試合 平均27.9得点・7.5リバウンド・3.3アシスト・FG成功率:51.2%・3ポイント成功率:36.6%・フリースロー成功率:87.1%

ケネディ選手はこの年、B2のレギュラーシーズンMVPの同時受賞


2019-20:チェハーレス・タプスコット(愛媛オレンジバイキングス)

2年ぶり3度目

2019-20シーズン成績

47試合 平均30.0得点・10.1リバウンド・4.3アシスト・1.4スティール・FG成功率:50.4%・3ポイント成功率:34.0%・フリースロー成功率:81.6%


参考文献

Bリーグ公式サイト「B.LEAGUE 2016-17シーズン 各賞発表のお知らせ」 (2021年4月6日閲覧)

Bリーグ公式サイト B.LEAGUE 2017-18シーズン リーダーズ・リーグ戦最終順位確定のお知らせ (2021年4月6日閲覧)

Bリーグ公式サイト 「B.LEAGUE AWARD SHOW 2018-19」でベストファイブなど各賞の受賞者を発表 令和最初のレギュラーシーズンMVPは富樫選手(千葉) 13年ぶりにワールドカップ出場を決めた男子日本代表チームがサプライズ受賞も! (2021年4月6日閲覧)

Bリーグ公式サイト「 B.LEAGUE 2019-20シーズン 各部門リーダーズ確定のお知らせ」 (2021年4月6日閲覧)

関連記事

B2歴代MVP【2016-20】

2021.04.07

Bリーグ歴代シーズンMVP【2016-20】

2021.01.29

B2連勝記録ランキング

2021.02.02

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。