前試合に続き、接戦となった宇都宮戦。島根はファールトラブルに泣き、2連敗

前試合に続き、接戦となった宇都宮戦。島根は終盤ファールトラブルに泣き、2連敗

RECAP

ファールトラブルで泣いた島根

3月7日(日)、前日激闘の末、敗戦した島根は同じく宇都宮ブレックスとホーム松江で対戦した。

この日は外国籍選手だけでなく、杉浦佑成選手白濱僚佑選手山下泰弘選手ら日本人選手も得点面で貢献。

2Q終了時、45-37と8点リードで折り返した

3Q途中から、ウィリアムス・ニカ選手がファールトラブルに陥り、ペイントエリアの均衡が崩れると、宇都宮が点差を詰めていった。

最終的に島根はニカ選手とトラビス選手がファールアウトで退場し、最終的に73-77で敗戦した。

島根はエースのデモン・ブルックス選手の欠場で、ファールマネジメントが出来なかったのが響いた形となった。

次戦は3月17日(水)、ホーム松江で西地区2位のシーホース三河と対戦する。


効果的だった宇都宮のブリッツ

この試合、島根は17ものターンオーバーを記録した。

島根のターンオーバーがこれほど多くなった理由の一つに、宇都宮の「ブリッツ」というディフェンスが秀逸だったからという理由がある。

ブリッツ(Blitz)とは、英語で「急襲」という意味である。

ブリッツがどのようなディフェンスかというと、ボールスクリーンなどの場面でボールマンに対してダブルチームを行くディフェンス手法である。

下の場面でも、宇都宮はブリッツを行っている。

ブリッツ①

ブリッツ②

トラビス選手をマークしていたロシター選手がショウディフェンスから戻らず、そのままビュフォード選手をマーク。

ブリッツ③

ブリッツ④

結果、この場面でターンオーバーになっている。

主に宇都宮はビュフォード選手に対するボールスクリーン時にブリッツを行っていましたな。

平均失点No.1のチームにふさわしい強度の高いディフェンスでした。


ゲームスタッツ

Today`s MVP:リード・トラビス選手

本日のMVPはリード・トラビス選手

この試合、トラビス選手は3ポイントシュート2本を含む17得点・9リバウンドをマーク

トラビス選手は前試合に続きゲームハイとなる得点を記録した。

宇都宮には、ジョシュ・スコット選手とライアン・ロシター選手というリーグ屈指のツインタワーを擁しているチームである。

その相手に対し、トラビス選手は攻守両面で躍動。

残念ながらチームを勝利に導くことはできなかったが、この試合「最も価値のある選手は誰か」と問われれば、私はトラビス選手を推したい。

関連記事

島根が強豪宇都宮ブレックスと対戦。接戦の末、68-72で敗れる

2021.03.07

島根スサノオマジックの歴史

2021.01.27

島根スサノオマジックのホームアリーナである松江市総合体育館へ行こう

2021.02.22

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。