島根が横浜に77-89で敗戦。島根は連勝ならず

島根が横浜に77-89で敗戦。島根は連勝ならず

RECAP

疲労が見えた4Q

2月13日(土)、島根スサノオマジックはアウェイで横浜ビー・コルセアーズと対戦した。

前日勝利した島根は1Qも好調。北川選手や白濱選手のスリーポイントが決まり、25-22とリードで1Qを終えた。

2Qからは横浜の河村選手の活躍などもあり、互角の展開となっていった。

島根の3点ビハインドで勝負の4Q。

横浜は生原選手の連続スリーポイントでリードを広げると、最終的に89-77で島根に勝利した

島根は疲労からか勝負の4Qに粘れなかった印象だ。

島根は次戦、2月26日(金)にホーム松江でサンロッカーズ渋谷と対戦する。


EFG%から見る島根スサノオマジック

今回はEFG%で島根スサノオマジックの選手たちを見てみよう。

EFG%は、3ポイントシュートが2ポイントシュートより1得点多い事実を考慮したFG%である。

EFG%とは何か【バスケットボールの指標を考える】

2021.01.11

下の表が、今シーズンここまでの島根の選手のEFG%である。

ここまでの島根の選手のEFG%を見てみると、ウィリアムス・ニカ選手がダントツのEFG%60%台後半をたたき出していることが分かる。

これは非常に高い数値である。この数字を見ると、もっとニカ選手にボールを渡すべきではないかと思うほどだ。

次点は後藤翔平選手で58.8%。3位はエースのデモン・ブルックス選手で54.3%だった。

後藤翔平選手はPPPなどでも高水準をマークしており、得点効率が高いですな。(あまりシュートを打っていないけど)


Today`s MVP:レジナルト・ベクトン選手

本日のMVPは、横浜のレジナルト・ベクトン選手

206cm116kgの巨体を活かしたポストアップが魅力のベクトン選手は、ゴール下で相手を引き付けられる引力をもった選手である。

この日も島根はベクトン選手にダブルチームで対抗したが、ベクトン選手は空いた選手に上手くパスを出し、島根のダブルチームを攻略した。

最終的にベクトン選手は17得点・9リバウンド・4アシストをマークし、チームの勝利に大きく貢献した。

関連記事

島根スサノオマジックの歴史

2021.01.27

決算資料から読み解く、島根スサノオマジックの経営状況【2019-20】

2021.01.21

島根スサノオマジック【オールスターブレイク総点検】

2021.01.09

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。