島根スサノオマジックがアウェイで横浜に勝利!

>> <<

島根スサノオマジックがアウェイで横浜に勝利!

RECAP

敵地で横浜に勝利

2月12日(金)、島根スサノオマジックは敵地で東地区8位の横浜ビー・コルセアーズと対戦した。

横浜は現在、チームのエースであるロバート・カーター選手エドワード・モリス選手が怪我で離脱している状況だ。

外国籍選手2人が抜け、インサイドの分が悪いと考えた横浜は、この日試合を通して2-3のゾーンディフェンスを採用した。

アウトサイドシュートをある程度捨てるカバレッジであるゾーンディフェンスだが、島根はこの日3ポイントシュート成功率27.6%と絶不調

そのため島根は苦しい時間がつづき、試合はリードチェンジが何回も起こるクロスゲームになっていった。

試合が大きく動き出したのは4Q。横浜のインサイドの要であるレジナルド・ベクトン選手の退場を機に、ゲームの流れは島根に大きく傾いていった。

残り2分を切ったクラッチタイムの場面では、北川弘選手が勝利を大きく引き寄せる3ポイントシュートを成功。


最終的に74-64で島根が勝利した

島根はB1クラブ最多勝利数を14勝に更新し、順位も西地区単独5位に浮上した。

次戦は2月13日(土)、同じく横浜ビー・コルセアーズと対戦する。


フリースローで差が付いた島根と横浜

外国籍選手を2名欠いた状態で戦っていた横浜だが、ペイントエリアでの得点は実は島根より上回っていた(図1)。

(図1)

またセカンドチャンスからの得点でも横浜は島根を上回っており(図2)、外国籍選手2名欠場していた中でも、島根と互角以上でインサイドで戦っていたことがここから分かる。

では、一体どこで島根と横浜は差がついたのか。

私はフリースローの精度であると考える。

島根のフリースロー成功率が84.2%だったのに対し、横浜はこの日50.0%だった。

特にフリースローを11本放ったパトリック・アウダ選手はフリースロー成功率36.4%(4/11)と絶不調

この日、横浜のフリースローがもう少し決まっていたら、島根は更に苦しい試合展開になっていた可能性がありますな。


2月好調な島根

島根はここ7試合で5勝2敗と好調だ。

12月には大型連敗もあったが、2月に入りチームの調子は上向きである。

B1クラブ最多勝利数を14勝からどこまで更新できるのか。チームの挑戦は続く。

Today`s MVP:デモン・ブルックス選手

本日のMVPは、チームハイの16得点をマークしたデモン・ブルックス選手

3ポイントシュートは不調だったが、フリースローは8/8のパーフェクト

こういうクロスゲームでフリースローをきっちり決めてくれるのは、流石エースですな。

関連記事

デモン・ブルックス選手の魅力【レバンガ北海道】

2020年7月6日

ペリン・ビュフォード選手の魅力【島根スサノオマジック】

2020年7月23日

決算資料から読み解く、島根スサノオマジックの経営状況【2019-20】

2021年1月21日

島根スサノオマジック【オールスターブレイク総点検】

2021年1月9日

>> <<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。