島根が3連勝!広島に86-71で勝利!

島根が3連勝!広島に86-71で勝利!

RECAP

島根が3連勝!B1チーム最多勝利数を13勝に更新!

2連勝中の島根スサノオマジックは、前日勝利した広島ドラゴンフライズと対戦した。

島根はチームの中心的ビッグマンであるリード・トラビス選手を欠く中での試合となった。

前日と打って変わって、1Qは広島ドラゴンフライズのペースで始まった。

前日ディスクウォリファイイングファウル で退場となったアイザイア・マーフィー選手(広島)が1Q目からプルアップジャンパーなどで得点を重ね、トーマス・ケネディ選手も1Q目から9得点をマークした。

一方の島根も帰化選手であるウィリアムス・ニカ選手を中心とした「オンザコート3」で対抗。

広島はグレゴリー・エチェニケ選手と帰化選手であるトーマス・ケネディ選手の2人しかいないため、ズレを生み出せる選手を中心に島根は得点を積み重ね、徐々に点差を詰めていった。

4Q。エチェニケ選手の疲れが出始めたころに、島根はトランジションオフェンス(速攻)にニカ選手をはじめとしたビッグマンたちが参加。

一気に点差を広げ、最終的に86-71で島根が勝利した

島根はこれでB1チーム最多勝利数を13勝に更新

次戦は2月10日(水)、ホーム松江で滋賀レイクスターズと対戦する。


機動力のあるビッグマンを揃えた島根の強み

22得点。

これは島根がファストブレイク(速攻)で獲得した得点である。

広島のファストブレイクポイントが10得点であることを考えると、これが如何に多いかということが分かるだろう。

では何故、島根のファストブレイクポイントはここまで多いのか。

それはウィリアムス・ニカ選手を始めとした島根のビッグマンたちが、ファストブレイク(速攻)に参加するからである。

相手のビッグマンが戻るより早くゴール下を攻めることで、島根はイージーシュートを打つことに成功していたのだ。

ニカ選手やトラビス選手、ブルックス選手、ビュフォード選手。島根に在籍している外国籍選手は全員足を使える選手である。

今後もこのビッグマンの足を使ったトランジションオフェンスは、島根の強みの一つになるはずだ。

Today`s MVP:ウィリアムス・ニカ選手

今日のMVPは、ウィリアムス・ニカ選手だ。

トラビス選手を欠く中で、インサイドの要として攻守でチームを牽引。

4Q終盤になっても脚力が衰えず、速攻にも加わり、得点を量産した。

終わってみればB1キャリアハイとなる1試合25得点をマーク。10リバウンドも記録し、ダブルダブルを達成した。


関連記事

島根スサノオマジック【オールスターブレイク総点検】

2021.01.09

決算資料から読み解く、島根スサノオマジックの経営状況【2019-20】

2021.01.21

ウィリアムス・ニカ選手の魅力【島根スサノオマジック】

2021.02.01

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。