大型4面ビジョンが登場!!エンタメ度がアップした島根スサノオマジック

大型4面ビジョンが登場!!エンタメ度がアップした島根スサノオマジック

Game Rewind

大型4面ビジョンが設置!!

噂はかねがね聞いていた

期待と不安が入りみだり、まるで小学生のクラス替えの時のような気分で会場に足を踏み入れると、奴がいた。

奴。そう、大型4面ビジョンはそこにいたのである。

もちろん四方から得点が見れる、だけではない。

大型4面ビジョンの下には照明が付いている。

この照明が、気持ちを高揚させる音楽と共に今までにはないライトアップで観客を楽しませてくれるのだ。

また大型4面ビジョンを使った映像演出もエンタメ度向上の一役を買っていた。

変わったのはそれだけではない。

なななんと、松江市総合体育館に神社まで出来てしまったのである。

その名も「スサマジ神社」。

御祭神であるスサマジ大神は、スサノオマジックの力強さとスピード感を司る神だそうだ。

ちなみにお賽銭はチームの強化に充てるということらしい。

その他にもソファ席が新たに導入されてりと、至るところに遊び心が散りばめられていた。

流石、バンダイナムコである。

確かに「遊びきれない毎日を」過ごせそうな会場になりつつある。

ペリン・ビュフォード選手が復帰!

この試合、ペリン・ビュフォード選手(島根)がおよそ2か月ぶりに試合復帰した。

ビュフォード選手の得点は4得点に終わったが、やはり彼が入ることで島根のオフェンスの強度は高まりますな

ニカ選手も1か月ぶりの二けた得点をマークするなど、ニカ選手との相乗効果も◎

島根はオンザコート3というチームの強みを取り戻した

名門アルバルク東京と対戦!4Qに突き放され、86-64で敗れる

2021年初のホーム戦は、名門アルバルク東京との対戦だった。

アルバルク東京は現在東地区7位だが、チームには昨シーズンのMVPである田中大貴選手や日本代表PGである安藤誓哉選手、B1屈指のビッグマンであるアレックス・カーク選手などBリーグを代表する選手が揃っている。

そんな相手に、この日は3Qまで互角の展開。

しかし、4Qにアルバルク東京の3ポイントシュートが立て続けにきまり、最終的に86-64で敗退した。

島根は課題である3ポイントシュートが決まらなかった(試投数も少なかった)のが大きく響いた形となった。

Today`s MVP :デション・トーマス選手(A東京)

今日のMVPであるデジョン・トーマス選手(A東京)

4Q、チームが苦しい場面で立て続けにシュートを沈め、チームの勝利に貢献。最終的にゲームハイとなる17得点をマークした。

201cmとPFとしては小柄ながら、身体が強く、プルアップジャンパーやフックシュートなどトーマス選手の高い技術が光った試合だった。

Photo Garary

関連記事

決算資料から読み解く、島根スサノオマジックの経営状況【2019-20】

2021.01.21

島根スサノオマジック【オールスターブレイク総点検】

2021.01.09

島根スサノオマジックのボールスクリーンに対する6つの守り方

2020.12.08

ペリン・ビュフォード選手の魅力【島根スサノオマジック】

2020.07.23

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。