ジェレミー・ラム選手がACLの怪我から復帰!ペイサーズはマブスに敗れ2連敗!

ジェレミー・ラム選手がACLの怪我から復帰!ペイサーズはマブスに敗れ2連敗!

マブスに112-124で敗れ、2連敗

インディアナ・ペイサーズは1月20日(水)、ホームであるバンカーズ・ライフ・フィールドでダラス・マーベリックスと対戦した。

ルカ・ドンチッチ選手クリスタプス・ポルジンギス選手という強力なデュオを擁するマブスは、ポルジンギス選手の離脱期間もあり、試合前6勝7敗でウェスタンカンファレンス10位に位置していた。

試合は終始、マブスがリード。3Q終盤にペイサーズが一時追いつく場面もあったが、最終的に124-112でマブスが勝利した

ペイサーズはこれで2連敗

ペイサーズは次戦、1月22日(金)イースタン・カンファレンス9位のオーランド・マジックと対戦する。


6名の選手が二桁得点をマーク

ペイサーズはこの試合、6選手が二桁得点をマークした。

チームハイはPGであるマルコム・ブログドン選手の26得点。

オールスタービックマンであるドマンタス・サボニス選手は25得点・10リバウンドのダブルダブルをマークし、NBA史上6人目となる開幕から14試合連続でダブルダブルを達成した。


ジェレミー・ラム選手がACLの怪我から復帰!

この試合、ジェレミー・ラム選手が左膝のACL(前十字靭帯断裂)の大怪我から復帰した。

ジェレミー・ラム選手は昨年2月23日のトロント・ラプターズ戦で左膝の前十時靭帯断裂など複数の怪我でシーズンアウトとしており、実に332日ぶりの試合だった。

ラム選手はこの試合で10得点・2スティールをマーク。

試合後、ラム選手はインタビューで「想像していたより疲れなかったよ。最初のショットはリムの近くだった。あのショットは間違いなく僕に自信を与えてくれたよ」とコメントした。


ドロップ・アイス系からハードショーに代わったペイサーズのカバレッジ

試合終了後、ドマンタス・サボニス選手は「マブスの選手は僕たちより多くのショットを作っていた。俺たちのディフェンスのカバレッジ(手法)は良くなかった」とコメントした。

実はペイサーズのカバレッジは、シーズン前半とここ2試合で異なっている

専門用語を使うと、シーズン前半はドロップ・アイス系、ここ2試合はハードショーのカバレッジを採用している。

なぜシーズン前半、スクリーナーのディフェンスが下がってリングを守るドロップ・アイス系をペイサーズが採用していたかというと、リーグトップのショットブロッカーであるマイルズ・ターナー選手がいたからだ。

そのマイルズ・ターナー選手が怪我で欠場したここ2試合はペイサーズは、積極的にスクリーナーのディフェンスがユーザーを止めに行くハードショーを採用している。

ドロップ・アイス系とハードショー、どちらが優れたカバレッジかという議論はここではしない。

しかし、ハードショーを採用しているここ2試合は連続で相手に120得点以上をマークされている

マイルズ・ターナー選手が如何にチームのキーマンだったのかを感じさせられる2試合だった。

関連記事

【インディアナ・ペイサーズ】10試合終了時点の選手の活躍度診断

2021.01.16

インディアナ・ペイサーズのロースターが決定!【2020-21】

2020.12.09

1試合平均5.0ブロック?!マイルズ・ターナー選手がヤバい!

2021.01.01

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。