ジェイレン・レック選手が右足首の捻挫のため、故障者リスト入り

ジェレイン・レック選手が右足首の捻挫のため、故障者リスト入り

インディアナ・ペイサーズは1月5日(火)、ジェイレン・レック選手のインジュアリーリスト(故障者リスト)入りを発表した。

ペイサーズのSGであるジェレイン・レック選手は右足首の捻挫に苦しみ、復帰までのタイムスケジュールは今のところ立っていない。

レック選手の怪我のステータスは2週間以内に再評価され、必要に応じてステータスが更新される。

今回右足首の捻挫で故障者リスト入りになったジェレイン・レック選手は、昨シーズンフェニックス・サンズでプレーした20歳のSG

今オフにクリス・ポール選手を絡めたトレードで、サンズからオクラホマシティ・サンダーへ保有権が移った後、TJ.リーフ選手(と将来のドラフト2巡指名権)とのトレードでインディアナ・ペイサーズに合流した。

負傷者が増えているペイサーズは、現在他にTJ.ウォーレン選手(左足の疲労骨折)、ジェレミー・ラム選手(左膝のリハビリ)、ゴガ・ビタッゼ選手(右足首の捻挫)、ブライアン・ボウエンⅡ世選手(部分的な鼠径部の裂傷)の4選手がインジュアリーリストに入っている。


関連記事

TJ.ウォーレン選手が左足の疲労骨折で手術を受ける予定

2021.01.01

ゴガ・ビタッゼ選手が右足首の捻挫のため戦線離脱【ペイサーズ】

2020.12.23

インディアナ・ペイサーズのロースターが決定!【2020-21】

2020.12.09

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。