ペイサーズがキャブスと対戦!119-99と大勝!

ペイサーズがキャブスと対戦!119-99と大勝!

ペイサーズが119-99と大勝!

2020年の大みそか。12月31日(木)にインディアナ・ペイサーズは、ホームのバンカーズ・ライフフィールドでクリーブランド・キャバリアーズと対戦した。

キャバリアーズはペイサーズと同じく3勝1敗と開幕ダッシュに成功したチームである。

バックコートにはコリン・セクストン選手ダリアス・ガーランド選手アイザック・オコロ選手ら成長著しい若手有望株を揃え、フロントコートにはケビン・ラブ選手アンドレ・ドラモンド選手ら実力者が控えている。

試合は1Q目からペイサーズが10点以上のリードを作ると、3Qにも31-17の大きいランを作ることに成功。

4Qの最初に点差を縮められる場面があったが、終わってみれば119-99と大勝した

ペイサーズはこれで4勝1敗。イースタン・カンファレンスで76ersとマジックと並んで現在1位に立っている。

ペイサーズは次戦、1月2日(土)に敵地でニューヨーク・ニックスと対戦する。



高い精度でフローターシュートを決めたコリン・セクストン選手

この試合、筆者が一番見ていて印象に残ったのはキャバリアーズのコリン・セクストン選手だ。

セクストン選手はNBAキャリア3年目の21歳。

昨シーズンは、2年目にして平均20.8得点をマークした期待の若手株である。

この日もゲームハイとなる28得点をマーク

フローターシュートの精度が非常に高く、リーグ屈指のショットブロッカーであるマイルズ・ターナー選手を中心に守るインディアナのインサイドで得点を積み重ねた。

セクストン選手は、インサイド・アウトサイドとも得点を取れる術をもつため、これからのキャリアが非常に楽しみな選手である。


TJ.ウォーレン選手が怪我で欠場

この日、ペイサーズのスコアラーの一人であるTJ.ウォーレン選手が欠場した。

ウォーレン選手は昨年行われたバブルでシーディングゲーム1stチームにも選ばれた実力者。

ここまで開幕4試合に出場し平均15.5得点をマークし、チームの得点源の一つとして活躍していた。


試合終了後、ESPNのAdrian Wojnarowski氏はTJウォーレン選手が左足の疲労骨折の外科的手術を受ける予定であることを発表している。



フロントコートの層の薄さに不安が残ったペイサーズ

この試合、ペイントエリアの勝負に勝ったのはキャバリアーズの方だった。

ドラモンド選手とジャベール・マギー選手、ラリー・ナンス選手のフロントコート陣は強力で、サボニス選手・ターナー選手のペイサーズのフロントコート陣は終始押され気味だった。

ペイサーズのフロントコートの層の薄さに不安が残ったのは、3Qにターナー選手がファールトラブルになった時である。

ペイサーズのフロントコート陣は、オールスタービックマンのサボニス選手とリムプロテクターであるターナー選手の2人は良いが、それ以外の選手がいまいちなのが課題。

現在、右足首の捻挫で戦線を離脱しているゴガ・ビタッゼ選手の復帰が求められる。

関連記事

1試合平均5.0ブロック?!マイルズ・ターナー選手がヤバい!

2021.01.01

ドマンタス・サボニス選手が第1週の週間最優秀選手を受賞

2020.12.30

プレシーズンのスタッツから見るインディアナ・ペイサーズ

2020.12.22

インディアナ・ペイサーズのロースターが決定!【2020-21】

2020.12.09

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。