ペイサーズがナズ・ミトロウ-ロング選手他5名を解雇

ペイサーズがナズ・ミトロウ-ロング選手他5名を解雇

インディアナ・ペイサーズは12月18日から19日にかけて、ロースターに以下のような動きがあった。

12月18日

Amida Brimah ウェーブ(解雇)

Rayshaun Hammonds ウェーブ(解雇)

・Josh Gray 契約

・Devin Robinson 契約


12月19日

・Naz Mitrou-Long ウェーブ(解雇)

・Josh Gray ウェーブ(解雇)

・Devin Robinson ウェーブ(解雇)


Amida Brimah選手、Rayshaun Hammonds選手、Naz Mitrou-Long選手の3名はオフにペイサーズとエグジビット10契約を結んだ選手だった。

エグジビット10契約とは

無保証の最低年棒での契約で、レギュラーシーズン開幕までに2ウェイ契約に切り替えることが可能。もしウェイブ(解雇)された場合でも、契約チームの下部組織であるGリーグチームと契約し、60日間在籍する条件を満たせば、最大5万ドルのボーナスが支給される。

ペイサーズのロースターは現在、NBA契約15名と2way契約2名の合計17選手である。

参考文献

NBA.com “Pacers Roster Moves – Dec. 18, 2020” (2020年12月20日閲覧)

NBA.com “Pacers Waive Three” (2020年12月20日閲覧)

関連記事

インディアナ・ペイサーズのロースターが決定!【2020-21】

2020.12.09

ゴードン・ヘイワード選手の獲得に動いたペイサーズ【オフシーズンこぼれ話】

2020.12.02

FAになっていたジャスティン・ホリデー選手がペイサーズと3年1880万ドルで再契約

2020.11.21

ペイサーズは2巡目全体54位でカシアス・スタンリー選手(デューク大学)を指名【2020年ドラフト】

2020.11.19

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。