ラプターズが昨シーズンまでペイサーズに所属していたアリーゼ・ジョンソン選手を解雇

ラプターズが昨シーズンまでペイサーズに所属していたアリーゼ・ジョンソン選手を解雇

12月19日、The AthleticのScott Agness記者は、昨シーズンまでペイサーズでプレーしていたアリーゼ・ジョンソン選手をトロント・ラプターズがウェーブ(解雇)したことを公表した。


アリーゼ・ジョンソン選手は、ペイサーズから2018年ドラフト2巡目全体50位で指名を受けたパワーフォワード

Gリーグでは、昨シーズン19試合に出場し、平均20.1得点・12.8リバウンド4.6アシストという素晴らしいスタッツを残していたものの、NBAの舞台では17試合に出場に留まり、スタッツも平均2.0得点・2.8リバウンドと物足りない結果に終わっていた。

アリーゼ・ジョンソン選手は、今年11月にラプターズと契約を結んでいたが、チームはジョンソン選手と別れをつげる。

ジョンソン選手は、ラプターズのGリーグ下部組織である905ラプターズに参加する候補になる可能性がある。

関連記事

インディアナ・ペイサーズのロースターが決定!【2020-21】

2020.12.09

ゴードン・ヘイワード選手の獲得に動いたペイサーズ【オフシーズンこぼれ話】

2020.12.02

FAになっていたジャスティン・ホリデー選手がペイサーズと3年1880万ドルで再契約

2020.11.21

ペイサーズは2巡目全体54位でカシアス・スタンリー選手(デューク大学)を指名【2020年ドラフト】

2020.11.19

ペイサーズがナズ・ミトロウ-ロング選手他5名を解雇

2020.12.21

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。