営業収入とトップチーム人件費から見るB1とB2のリーグ格差

>> <<

営業収入とトップチーム人件費から見るB1とB2のリーグ格差

B1とB2ってどのくらい差があるんだろう

そう思われた方は意外と多いのではないでしょうか。

今回はBリーグが出した「2019-20シーズン(2019年度) クラブ決算概要」を元に、営業収入トップチーム人件費(総年棒)の観点からB1とB2のリーグ差を見ていきたいと思います。

営業収入

B1営業収入 平均値:約9億3,030万円 中央値:約8億3,027万円

B2営業収入 平均値:約3億1,385万円 中央値:約2億9,888万円


まずは営業収入から。上にB1・B2クラブの営業収入の平均値や中央値を出しています。

B1とB2では、平均値では約6億円、中央値では約5億円離れていることが分かります。

この数字を大きいと見るか、小さいと見るかは見る人によって異なると思いますが、私自身は大きいと感じました。

次にB1・B2合わせた営業収入ランキング(2019-20シーズン)を見ていきましょう。

上位12クラブまではB1が独占

13番目にB2(当時)の広島ドラゴンフライズが入っています。

表を見ると広島はかなり浮いた存在であることが分かります。

その広島も2020-21シーズンからB1に昇格していますし、やはりB1に上がるべくして上がったチームと言えそうです。


トップチーム人件費

B1トップチーム人件費 平均値:約4億329万円 中央値:約3億4,372万円

B2トップチーム人件費 平均値:約1億2,691万円 中央値:約1億794万円

次にトップチーム人件費の観点で、B1とB2を見ていきましょう。

上の数字を見ると、B1とB2で約3~4億円近く人件費が異なっていることが分かります。

1クラブ15名近くしか選手がいないBリーグで3~4億異なるということは、選手の年棒もB1とB2で相当開きがありそうですね。

下の表は、B1・B2合わせたトップチーム人件費ランキングになっています。

トップチーム人件費の方はかなり綺麗にB1・B2で分かれていますね。

その中でB2ながら、人件費ランキング9位になった広島。やはり異質ですね。

B1とB2の格差は思っていた以上に大きそうです。

今回はここまで!それではまた。

関連記事

B1特別指定選手契約まとめ【Bリーグ2020-21】

2020年12月16日

B1高身長ランキングトップ5【2020-21シーズン】

2020年12月11日

B1クラブ、人件費ランキング【2019-20】

2020年12月17日

Bリーグ歴代新人王【2016-21】

2020年5月2日

>> <<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。