昨シーズンペイサーズでプレーしたアリーゼ・ジョンソン選手が、ラプターズへ移籍

昨シーズンペイサーズでプレーしたアリーゼ・ジョンソン選手が、ラプターズへ移籍

11月27日(金)、ESPNの記者であるAdrian Wojnarowski氏は、昨シーズンまで2年間、ペイサーズでプレーしたアリーゼ・ジョンソン選手ラプターズと契約を結んだと公表した。


アリーゼ・ジョンソン選手は、ペイサーズから2018年ドラフト2巡目全体50位で指名を受けたパワーフォワード

Gリーグでは、昨シーズン19試合に出場し、平均20.1得点・12.8リバウンド4.6アシストという素晴らしいスタッツを残していたものの、NBAの舞台では17試合に出場に留まり、スタッツも平均2.0得点・2.8リバウンドと物足りない結果に終わっていた。

ペイサーズのフロントコート陣は、オールスタービックマンであるドマンタス・サボニス選手を筆頭に、リムプロテクターであるマイルズ・ターナー選手やジャカール・サンプソン選手がおり、アリーゼ・ジョンソン選手のプレータイムが増えることは厳しいと予想されていた。

2年目を迎え、プレータイムが増えることが予想されるゴガ・ビタッゼ選手の存在も大きかっただろう。

育成に定評のあるラプターズから与えられたチャンスを、アリーゼ・ジョンソン選手にはぜひとも物にしてもらいたい。


関連記事

ペイサーズは2巡目全体54位でカシアス・スタンリー選手(デューク大学)を指名【2020年ドラフト】

2020.11.19

FAになっていたジャスティン・ホリデー選手がペイサーズと3年1880万ドルで再契約

2020.11.21

ペイサーズがジャカール・サンプソン選手と再契約

2020.11.24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。