ホーンズセットとは何か【バスケットボールのセットプレー】

ホーンズセットとは何か【バスケットボールのセットプレー】

今回紹介するバスケットボールのセットプレーは、ホーンズセットです。

“ホーンズ(Horns)”とは、英語で角という意味です。

トップ、両エルボー、両コーナーに選手を置く形が、角に似ていることからこの名前が付いています。

ホーンズはその形から、「Aセット」とも呼ばれています。

ホーンズセットの魅力は、何といってもバリエーションの豊富さです。

下の動画でも分かる通り、ホーンズセットには数えきれない程のバリエーションがあります。


ここでは、数あるホーンズセットのバリエーションのうち、1つを紹介します。

まず、ボールを持っているトップの選手にエルボーにいる選手がスクリーンをかけます。

両エルボーともスクリーナーなので、トップの選手はどちらを使うこともできます。

スクリーンが上手くかかった場合、ボールマンはそのままリムにアタックします。

スクリーナーのディフェンスがショウディフェンスをしてきてリムアタックが難しい場合は、スクリーナーがダイブするPnR(ピック&ロール)を行います。

ショウディフェンスとは

スクリーナーのディフェンスが、ユーザー(ボールマン)の進行方向に移動して、リムへのアタックを防ぐこと。

PnRも相手のヘルプディフェンスに防がれた場合は、ヘルプに来たディフェンダーがマークしていた選手(コーナーの選手)にパスをします。

この他にもホーンズセットは様々なバリエーションがありますので、プロのチームがどういう風にホーンズセットを用いているのか注目してみるのも面白いと思います。

今回はここまで!それではまた。

関連記事

はじめてのドリブル ドライヴ モーション オフェンス【DDM】

2020.07.22

高校時代に教えて貰いたかったスペーシングの話【バスケ】

2020.03.21

マイアミ・ヒートのディフェンスは何が優れているのか【マンツーマン編】

2020.09.19

バスケットボールのシュートムーブまとめ

2020.08.08

バスケットボールのハンドリングムーブまとめ

2020.08.01

関連書籍

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。