PnR(ピック&ロール)とは何か

PnR(ピック&ロール)とは何か

今回紹介するのは、PnR(ピック&ロール)です。

PnR(ピック&ロール)とは、スクリーンプレーの一つで、スクリーナーがボールを持っている選手にスクリーンをかけた後、ゴール下へダイブする(切り込む)プレーのことを言います。

PnRの最大のメリットは、瞬間的に2対1の状況の作り出せることです。

PnRはオフェンス側は有利に仕掛けることができるため、現在世界的にも主流になっている戦術になっています。

では、実際動画で確認していきましょう。


まず初めに、ボールマンのディフェンスに対し、スクリーナーがスクリーンを掛けています。

スクリーンが掛かると、瞬間的にスクリーナーのディフェンスとボールマンとスクリーナーの2対1のシチュエーションが生まれます

スクリーナーはそのままゴール下へダイブし、ボールマンからパスを貰い、シュートを打っています。

PnR(ピック&ロール)とは反対に、スクリーナーがアウトサイドへポップアウトする動きを、PnP(ピック&ポップ)と言います。

PnR(ピック&ロール)とPnP(ピック&ポップ)は対の動きなので、合わせて覚えたいですね。

今回はここまで!それではまた。

関連記事

PnP(ピック&ポップ)とは何か

2020.11.26

ハンドオフとは何か【バスケットボールのムーブメント】

2020.10.01

バスケットボールの7つのセットオフェンス

2020.07.31

ボールスクリーンに対する5つの守り方【ディフェンス】

2020.05.16

高校時代に教えて貰いたかったスペーシングの話【バスケ】

2020.03.21

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。