PPP(Points Per Possession)とは何か

PPP(Points Per Possession)とは何か

今回紹介するバスケ指標は、PPPです。

PPPは、Points Per Possesionの訳で、その選手(またはチーム)がどのくらい効率的にポイントを獲得できたのかを測る指標です。

計算式は以下の通り。

分子は、ゲーム全体でその選手(またはチーム)が獲得した得点です。

そして分母には、選手(またはチーム)が直接関係しているプレーの合計が来ます。

具体的には、ゴールが試みられるか、フリースローが試みられるか、対戦相手にバスケットボールの所有権を与えるターンオーバーの総数が分母に来ます。

PPPの数値が大きいほど、選手(またはチーム)がボールを持っているときの得点効率が高いと判断することができます

TS%との違いは?

PPPと同じく、選手(またはチーム)がボールを持っているときの得点効率を判断する指標にTS%というものがあります。

では、PPPとTS%はどこが違うのでしょうか?

違いは、PPPがTS%より最小限のシュートで3ポイントを打つプレーヤーの生産性が認識されている点です。

更に、PPPはターンオーバーが選手(またはチーム)の全体的な効率を損なうことも認識しています。

まとめ

それでは、ここまでの話をまとめましょう。

PPP

PPPは、選手(またはチーム)がボールを持っているときの得点効率を測る指標

同じく得点効率を測るTS%との違いは、2つ。

最小限のシュートで3ポイントを打つプレーヤーの生産性が認識されている点ターンオーバーが選手(またはチーム)の全体的な効率を損なうことを認識している点

今回はここまで。それではまた!

参考文献

DATABALL – Points Per Possession (PPP)- (2020年11月16日閲覧)

NBA.com – Points Per Possession (2020年11月16日閲覧)

関連記事

【バスケ指標】NBAでよく見るUSG%(Usage Rate)ってどんな指標?

2020.01.17

【バスケ指標】NBAでよくみるオフェンシブレーティング(Offensive rating)とは何か?

2020.01.22

【はじめてのバスケ指標】FG%とは何か?

2020.05.26

NBAで最もドライブする選手は誰か?【2019-20シーズン】

2020.08.26

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。