島根が大阪に80-73で敗れる。島根の連勝は2でストップ

島根が大阪に80-73で敗れる。島根の連勝は2でストップ

11月14日(土)、島根スサノオマジックは敵地大阪で大阪エヴェッサと対戦した。

大阪と対戦するのは、今シーズン2回目。

前回はホームで対戦し、アイラ・ブラウン選手に26得点を取られて敗れている。

この日は島根のブルックス選手がブラウン選手をマークし、ブラウン選手を10得点に抑えている。

しかし、代わりにディージェイ・ニュービル選手橋本拓哉選手が躍動した。


止められなかったディージェイ・ニュービル選手

ディージェイ・ニュービル選手は、今シーズンから大阪に加入したコンボガードである。

昨シーズンはオーストラリアのNBLでプレーし、最優秀守備選手賞受賞、オールセカンドチームにも選出されている実力者だ。

この日も、ニュービル選手はドライブ・アウトサイドシュートで得点を量産。

島根もディフェンスの上手いペリン・ビュフォード選手をニュービル選手に付けるなど対策を取ったが、それでもニュービル選手を止められなかった

結局、ニュービル選手はこの日26得点・6リバウンド・5アシスト・3スティールをマークし、攻守にわたり、大阪の勝利に貢献した。


シーズンハイの30得点をマークしたトラビス選手

6.7%

これは、11/14の大阪戦で島根が記録した3ポイント成功率である。

この日の島根は3ポイントシュートがことごとく入らなかったが、それでも4Q終盤まで接戦に持ち込めたのは、リード・トラビス選手(島根)の活躍が大きい。

トラビス選手はこの日、ゲームハイとなる30得点をマーク。

フィニッシャーとしてインサイドを支配した。

特に印象的だったのは、トラビス選手がドリブルハンドオフ(以下DHO)と呼ばれるプレーをした場面である。

DHOとは、ドリブルをしながら手渡しパスをするプレーである。

DHOには確実にパスを渡せる他に、スクリーンプレーとしても使えるメリットがある。

この試合、トラビス選手はDHOのスクリーナーとしてだけでなく、パスをすると見せかけてそのままリムにアタックするハンドラーの役割も出来ることを見せつけた。

運動量・フィジカルともに高く、それに加え、DHOのハンドラーとしても今後活躍できるのであれば、トラビス選手を止められる選手はB1といえど数えられるほどしかいなそうだ

関連記事

リード・トラビス選手の魅力【島根スサノオマジック】

2020.07.02

島根スサノオマジックが多用する4つのセットオフェンス

2020.10.06

リード・トラビス選手とロスコ・アレン選手の大学時代のスタッツを比較する

2020.08.03

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。